表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

030年春夏、公孫述と隗囂が硬化する

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

030年正月、山東がたいらぎ、隴西がのこる

世祖光武皇帝中之上建武六年(庚寅,公元三零年)
春,正月,丙辰,以舂陵鄉為章陵縣,世世復徭役,比豐、沛。
吳漢等拔朐,斬董憲、龐萌,江、淮、山東悉平。諸將還京師,置酒賞賜。
帝積苦兵,間以隗囂遣子內侍,公孫述遠據邊垂,乃謂諸將曰:「且當置此兩子於 度外耳。」因休諸將於雒陽,分軍士於河內,數騰書隴、蜀,告示禍福。

030年春正月丙辰、舂陵郷を、章陵縣とした。世よ、徭役を復した。高帝の故郷、豐県、沛県とおなじだ。
吳漢らは、朐県をぬき、董憲、龐萌をきった。すべて江淮、山東は、たいらいだ。悉平。諸將は、京師にもどった。置酒、賞賜した。

『後漢書』光武帝紀はいう。この歳、馬成らは、舒県をぬき、李憲をとらえた。後漢らは、朐県をぬき、董憲、龐萌をきった。胡三省はいう。けだし李憲をとらえ、長江と淮水のあたりは、たいらいだ。けだし董憲と龐萌をきって、山東は、たいらいだ。司馬光は「舒県をぬいた」が、ぬけている。
ぼくは思う。司馬光は、大胆にはぶきすぎたのだ。

隗囂が、子を洛陽に內侍させた。公孫述は、遠くでのさばる。劉秀は、諸将に言った。「あとは、隗囂と公孫述だけだ」と。諸将を洛陽でやすませた。軍士を、河内にわけた。しばしば文書をつたえ、隴蜀に禍福をしめした。

ぼくは思う。山東の平定が、いま。030年の正月。覚えやすくて、やさしい。隴蜀とは、隴が隗囂で、蜀が公孫述である。


030年春、公孫述が天下統一する戦略

公孫述屢移書中國,自陳符命,冀以惑眾。帝與述書曰:「圖讖言公孫,即宣帝也。 代漢者姓當塗,其名高;君豈高之身邪!乃復以掌文為瑞,王莽何足效乎!君非吾賊臣 亂子,倉卒時人皆欲為君事耳。君日月已逝,妻子弱小,當早為定計。天下神器,不可 力爭,宜留三思!」署曰:「公孫皇帝。」述不答。

公孫述は、中原に文書をおくり「公孫述に符命がくだった」と言った。劉秀は、公孫述に文書した。「図讖がいう公孫とは、あなたでなく、前漢の宣帝のことだ。漢に代わるのは、当塗高であり、公孫述でない。符命をいつわるとは、公孫述は王莽とおなじだ」と。

胡三省はいう。前漢の宣帝は、公孫病已という。ぼくは思う。当塗高を、読みかえずに「公孫述と、当塗高は、姓も名もちがうだろ」と、ストレートに言ってしまった。あやしげな解釈が評判の図讖ですが、はじめはストレートに読まれたらしい。そういえば「公孫」「劉秀」がそのまま図讖に現れたなあ。前漢末の図讖は、素直である。

劉秀は文書に「公孫皇帝へ」と書いた。公孫述は、こたえず。

ぼくは思う。何これ。皮肉だろうか。


其騎都尉平陵荊邯說述曰:「漢高祖起於行陳之中,兵破身困者數矣;然軍敗復合, 瘡愈復戰。何則?前死而成功,愈於卻就於滅亡也!隗囂遭遇運會,割有雍州,兵強士 附,威加山東;遇更始政亂,復失天下,眾庶引領,四方瓦解,囂不及此時推危乘勝以 爭天命,而退欲為西伯之事,尊師章句,賓友處士,偃武息戈,卑辭事漢,喟然自以文 王復出也!令漢帝釋關、隴之憂,專精東伐,四分天下而有其三;發間使,召攜貳,使 西州豪桀鹹居心於山東,則五分而有其四;若舉兵天水,必至沮潰,天水既定,則九分 而有其八。

公孫述の騎都尉する平陵の荊邯は、公孫述に言った。「隗囂は、雍州(隴西、天水)にいる。更始帝がコケて、山東がみだれたからだ。劉秀は、山東を優先して、隗囂を放置した。劉秀は、天下の4分の3をえた。劉秀は、来歙や馬援をおくり、隗囂をくずした。劉秀は、天下の5分の4をえた。もし劉秀が天水をせめれば、隗囂はやぶれる。劉秀は、天下の9分の8をえる」と。

陛下以梁州之地,內奉萬乘,外給三軍,百姓愁困,不堪上命,將有王氏自 潰之變矣!臣之愚計,以為宜及天下之望未絕,豪桀尚可招誘,急以此時發國內精兵, 令田戎據江陵,臨江南之會,倚巫山之固,築壘堅守,傳檄吳、楚,長沙以南必隨風而 靡。令延岑出漢中,定三輔,天水、隴西拱手自服。如此,海內震搖,冀有大利。」

さらに荊邯は、公孫述に言った。「陛下は、益州にこもり、王莽のように百姓から搾取する。現状のままでは、いけない。田戎を江陵におき、江南にあて、巫山におけ。田戎が檄文をうつし、呉楚、長沙より南をなびかせろ。延岑を関中にだせ。三輔、天水、隴西が、みずから公孫述に服するだろう」と。

述 以問群臣,博士吳柱曰:「武王伐殷,八百諸侯不期同辭,然猶還師以待天命。未聞無 左右之助。而欲出師千里之外者也。」邯曰:「今東帝無尺土之柄,驅烏合之眾,跨馬 陷敵,所向輒平,不亟乘時與之分功,而坐談武王之說,是復效隗囂欲為西伯也。」

公孫述は、郡臣に問うた。博士の呉柱は、荊邯に反対した。「周武王が殷室をうつとき、よばないのに、諸侯8百が孟津にあつまった。公孫述には、諸侯があつまらない」と。
荊邯は言った。「東帝(劉秀)は、地盤がないくせに、敵をたいらげている。いきおいだけだ。劉秀のいきおいは、つづかない。劉秀の弱点をつかず、益州にこもっていたら、隗囂とおなじだ。隗囂は、みずからを周文王になぞらえ、ダラダラしている」と。

ぼくは思う。劉秀の地盤がないこと(南陽が地盤でないこと)は、ふつうに史料に書いてありましたね。敵は、よく知ってる。


述 然邯言,欲悉發北軍屯士及山東客兵,使延岑、田戎分出兩道,與漢中諸將合兵並勢。 蜀人及其弟光以為不宜空國千里之外,決成敗於一舉,固爭之,述乃止。延岑、田戎亦 數請兵立功,述終疑不聽,唯公孫氏得任事。

公孫述は、荊邯をもちいた。山東から亡命した兵を、北軍に編成した。延岑を漢中に、田戎を巫山においた。公孫述は、漢中の諸将とあわさった。蜀人と、弟の公孫光は、公孫述の進駐に反対した。「本拠(蜀郡)をあけて、千里の外にゆくな」と。公孫述は、進駐をやめた。公孫述は、延岑と田戎を信頼せず、ついに公孫氏だけを進駐させた。

ぼくは思う。蜀郡の豪族は、出兵に反対。劉備とおなじ。山東から亡命した兵を、編成するところは、劉焉の「南州兵」とおなじ。


述廢銅錢,置鐵錢,貨幣不行,百姓苦之。 為政苛細,察於小事,如為清水令時而已。好改易郡縣官名。少嘗為郎,習漢家故事, 出入法駕,鸞旗旄騎。又立其兩子為王,食犍為、廣漢各數縣。或諫曰:「成敗未可知, 戎士暴露而先王愛子,示無大志也!」述不從,由此大臣皆怨。

公孫述は、銅銭をやめて、鉄銭をさだめた。流通せず。郡県の官名を、このんで変更した。わかいころ公孫述は、前漢の郎になったので、前漢の故事をふんだ。

胡三省はいう。哀帝のとき、公孫述の父・公孫任は、郎となった。

2人の子を王として、犍為、廣漢の数県をはませた。ある人が、公孫述をいさめた。「まだ天下統一しないのに、子を王に封じた。大志がないことが、見え見えになる」と。公孫述はしたがわず。

ぼくは思う。劉備も、子を王に封じていた。魯王とか、遠隔地の王を封じたなら、「大志」があることになるのか。ばかばかしいなあ。


030年春、馮異をねぎらい、公孫述が荊州をねらう

馮異自長安入朝,帝謂公卿曰:「是我起兵時主簿也,為吾披荊棘,定關中。」既 罷,賜珍寶、錢帛,詔曰:「倉卒蕪蔞亭豆粥,虖沱河麥飯,厚意久不報。」異稽首謝 曰:「臣聞管仲謂桓公曰:『願君無忘射鉤,臣無忘檻車。』齊國賴之。臣今亦願國家 無忘河北之難,小臣不敢忘巾車之恩。」留十餘日,令與妻子還西。
申屠剛、杜林自隗囂所來,帝皆拜侍御史。以鄭興為太中大夫。

馮異は、長安から洛陽にきた。劉秀は公卿に言った。「私が起兵したとき、馮異は(頴川で)主簿になった。私のために困難をおかし、関中をさだめた」と。劉秀は、馮異に詔した。「蕪蔞亭で豆粥をつくり(更始二年)、虖沱河で麦飯をつくってれた(更始二年)。まだ、むくいていない」と。
馮異は稽首してあやまった。「私は聞く。管仲は桓公に言った。『桓公は、私が桓公のバックルを射たことを忘れるな。私は、檻車にのせられたことを忘れない』と。国家(劉秀)は、河北での困難を忘れるな。私も、巾車之恩(更始元年)を忘れない」と。10余日、洛陽にとどまった。馮異は、妻子とともに関中にもどった。

胡三省はいう。後漢では、臣下が天子のことを「国家」とよぶ。
ぼくは思う。管仲について、『史記』がひかれているが、はぶく。

申屠剛、杜林は、隗囂のところから、劉秀をたずねた。2人を、侍御史とした。鄭興を、太中大夫とした。

『通鑑考異』はいう。『資治通鑑』建武七年に、「申屠剛を徴した」とある。翌年の記事をみると、隗囂はすでに、公孫述の臣下である。みずから隗囂が、劉秀に文書をよこさないはずだ。だから建武六年に、この記事をおいた。
ぼくは思う。曹操が、張紘に官位をあたえて、とどめるのと、おなじだ。


三月,公孫述使田戎出江關,招其故眾,欲以取荊州,不克。帝乃詔隗囂,欲從天 水伐蜀。囂上言:「白水險阻,棧閣敗絕。述性嚴酷,上下相患,須其罪惡孰著而攻之, 此大呼響應之勢也。」帝知其終不為用,乃謀討之。

030年3月、公孫述は、田戎を江關(巴郡の魚復県)にだした。荊州をとれず。劉秀は隗囂に「天水から、蜀をうて」と命じた。隗囂は「白水(広漢)がけわしく、桟道がキツい」と、ことわった。劉秀は、隗囂をうちたいと考えた。

030年夏、来歙が発憤し、隗囂が刺殺しかける

夏,四月,丙子,上行幸長安,謁園陵;遣耿弇、蓋延等七將軍從隴道伐蜀,先使 中郎將來歙奉璽書賜囂諭旨。囂復多設疑故,事久□豫不決。歙遂發憤質素囂曰:「國 家以君知臧否,曉廢興,故以手書暢意。足下推忠誠,既遣伯春委質,而反欲用佞惑之 言,為族滅之計邪!」因欲前刺囂。囂起入,部勒兵將殺歙,歙徐杖節就車而去,囂使 牛邯將兵圍守之。

030年夏4月丙子、劉秀は長安にゆき、園陵に謁した。耿弇、蓋延ら7将軍をやり、隴道から蜀をうつ。さきに中郎將の來歙に璽書をもたせ、隗囂をさとした。隗囂は、結論をださず。 隗囂は發憤して、隗囂に言った。「きみは、子の隗恂を、劉秀にあずけている。劉秀にしたがわねば、族殺される」と。隗囂は、来歙を殺したい。隗囂は牛邯をつかい、来歙の車をかこんだ。

囂將王遵諫曰:「君叔雖單車遠使,而陛下之外兄也,殺之無損於漢, 而隨以族滅。昔宋執楚使,遂有析骸易子之禍。小國猶不可辱,況於萬乘之主,重以伯 春之命哉!」歙為人有信義,言行不違,及往來游說,皆可按覆;西州士大夫皆信重之, 多為其言,故得免而東歸。

隗囂の部将・王遵がいさめた。「来歙は、ひとりできたが、劉秀の姑子をめとる。来歙を殺せば、隗囂は族滅される。『春秋』で、宋が楚の使者をとらえたので、楚に復讐された。小国の楚ですら、手ごわい。まして劉秀は、大国だ。来歙をころすな」と。来歙の言葉は、西州で信頼されていた。来歙は、ころされず。

五月,己未,車駕至自長安。 隗囂遂發兵反,使王元據隴坻,伐木塞道。諸將因與囂戰,大敗,各引兵下隴;囂 追之急,馬武選精騎為後拒,殺數千人,諸軍乃得還。

5月己未、劉秀の車駕は、長安から洛陽にもどる。
ついに隗囂が、兵を発して、そむいた。王元を隴坻におき、木をきり、道をふさいだ。劉秀の諸将は、隗囂にやぶれて、隴水をくだった。隗囂は、きつく追撃した。馬武がふせいで、軍をかえした。

030年夏、官吏を減らし、任期をのばす

六月辛卯,詔曰:「夫張官置吏,所以為民也。今百姓遭難,戶口耗少,而縣官吏 職,所置尚繁。其令司隸、州牧各實所部,省減吏員,縣國不足置長吏者並之。」於是 並省四百餘縣,吏職減損,十置其一。

6月辛卯、劉秀は詔した。「官吏をおくのは、民のためだ。いま民が遭難し、戶口がへった。だが縣官・吏職は、おおいままだ。司隸、州牧が部するところで、吏員をへらせ。縣國に長吏は、いらない。まとめて管理せよ」と。
400余県がはbかれた。吏職が、10分の1に減損した。

ぼくは思う。いつにくらべて、10分の1なのか。そんなに人口がへったのか。王莽が、置きすぎたのか。関連する論文がありそう。読んでみよう。後漢末もおなじだが、「戦乱で人口がへる」という議論が、みな大好きだ。


九月,丙寅晦,日有食之。執金吾硃浮上疏曰:「昔堯、舜之盛,猶如三考;大漢 之興,亦累功效,吏皆積久,至長子孫。當時吏職,何能悉治,論議之徒,豈不諠譁! 蓋以為天地之功不可倉卒,艱難之業當累日也。而間者守宰數見換易,迎新相代,疲勞 道路。尋其視事日淺,未足昭見其職,既加嚴切,人不自保,迫於舉劾,懼於刺譏,故 爭飾詐偽以希虛譽,斯所以致日月失行之應也。夫物暴長者必夭折,功卒成者必亟壞。 如摧長久之業而造速成之功,非陛下之福也。願陛下游意於經年之外,望治於一世之後, 天下幸甚!」帝采其言,自是牧守易代頗簡。

9月丙寅みそか、日食した。執金吾の朱浮は、上疏した。「地方官の任期がみじかすぎて、成果がでない。」と。劉秀は、牧守の交替をへらした。

ぼくは思う。結論だけ先どりして、ズルい。『後漢書』朱浮伝を、後日よみます。そのとき、くわしくやります。


つぎは、030年12月。隗囂とたたかいます。つづきます。

inserted by FC2 system