表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人物が学んだ歴史を学ぶ

027年春、赤眉の劉盆子がくだる

『資治通鑑』を翻訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。
026年を抄訳してから、ブランクが半年。がんばります。

027年正月、鄧禹と馮異が、赤眉にやぶれる

世祖光武皇帝上之下建武三年(丁亥,公元二七年)
春,正月,甲子,馮異為征西大將軍。鄧禹慚於受任無功,數以饑卒徼赤眉戰,輒不利;乃率車騎將軍鄧弘等自河北度至湖,要馮異共攻赤眉。異曰:「異與賊相拒數十日,雖虜獲雄將,餘眾尚多,可稍以恩信傾誘,難卒用兵破也。上今使諸將屯澠池,要其東,而異擊其西,一舉取之,此萬成計也!」禹、弘不從,弘遂大戰移日。

027年春正月甲子、馮異を征西大將軍とした。

胡三省はいう。『晋書』職官志はいう。四征将軍は、漢代にはじまると。はじまるのは、ここの馮異からである。

鄧禹は功績がなく、自分が将軍に任じられないことを、はじた。しばしば飢えた兵をつかい、赤眉とたたかった。勝てない。鄧禹は、車騎將軍の鄧弘らをひきい、河北県から、湖県にきた。

胡三省はいう。『地理志』はいう。河北県は、河東郡に属す。湖県は、京兆尹に属す。

鄧禹は、馮異とともに、赤眉をせめた。馮異は言った。「私・馮異は、赤眉と、数十日たたかった。赤眉の雄將をとらえたが、まだ赤眉には雄將がおおくて、手ごわい。諸将は澠池にゆき、赤眉の東を攻めてくれ。私・馮異は、赤眉の西を攻めよう。はさみうてば、計略がなる」と。鄧禹と鄧弘は、馮異にしたがわず。鄧弘は、戦いの日数をついやした。

ぼくは思う。馮異と鄧禹のギャップは、なにが原因?


赤眉陽敗,棄輜重走;車皆載土,以豆覆其上,兵士饑,爭取之。赤眉引還,擊弘,弘軍潰亂;異與禹合兵救之,赤眉小卻。異以士卒饑倦,可且休。禹不聽,復戰,大為所敗,死傷者三千餘人,禹以二十四騎脫歸宜陽。異棄馬步走,上回溪孤,與麾下數人歸營,收其散卒,復堅壁自守。

赤眉は、いつわって敗れた。輜重をすてた。輜重には土をのせ、うわっつらに豆をのせた。鄧弘の兵を飢えるので、赤眉の輜重をとりあう。赤眉はひきかえし、鄧弘の軍を潰亂させた。馮異と鄧禹は、兵をあわせて、鄧弘をすくった。赤眉が、すこしひいた。馮異の兵はつかれて、休みたい。鄧禹は休みをゆるさず、ふたたび赤眉と戦った。鄧禹は大敗し、死傷者は三千餘人。鄧禹は、24騎でにげて、宜陽にゆく。馮異は馬をすてて、徒歩でにげた。回谿阪をのぼる。

杜佑『通典』はいう。回谿とは、河南の永寧県の東北である。

馮異は、麾下の数人と、軍営にもどる。散った兵をあつめた。馮異は、壁をかたくして、自守した。

ぼくは思う。まとめると。鄧弘が先ばしり、鄧禹と馮異がかみあわなかった。劉秀の将軍たちは、赤眉の陽動にひっかかり、大敗してしまった。みじめ。


辛巳,立四親廟於雒陽,祀父南頓君以上至春陵節候。壬午,大赦。閏月,乙巳,鄧禹上大司徒、梁侯印綬;詔還梁侯印綬,以為右將軍。

正月辛巳、四つの親廟を雒陽にたてた。劉秀の父・南頓君からさかのぼり、春陵節候までまつる。

胡三省はいう。『礼記』はいう。天子は、親廟を4つたてる。いま、舂陵節侯、鬱林太守、鉅鹿都尉、南頓令の4代にわたる廟をつくった。

正月壬午、大赦した。閏月乙巳、鄧禹は、大司徒と梁侯の印綬を、返上した。劉秀は、梁侯の印綬を鄧禹にかえした。鄧禹を、右將軍とした。

ぼくは思う。鄧禹は、赤眉にやぶれた。大司徒から、右将軍に降格したのかな。右将軍だって、充分にえらいけれど。


027年正月、鄧禹が赤眉をやぶり、赤眉がくだる

馮異與赤眉約期會戰,使壯士變服與赤眉同,伏於道側。旦日,赤眉使萬人攻異前部,異少出兵以救之;賊見勢弱,遂悉眾攻異,異乃縱兵大戰。日昃,賊氣衰,伏兵卒起,衣服相亂,赤眉不復識別,眾遂驚潰;追擊,大破之於崤底,降男女八萬人。帝降璽書勞異曰:「始雖垂翅回溪,終能奮翼澠池,可謂失之東隅,收之桑榆。方論功賞,以答大勳。」

馮異と赤眉は、時期をきめて、会戦した。馮異は、赤眉とおなじ服を壯士に着せて、道路のわきに伏せた。朝、赤眉は、馮異軍の前部を攻めた。馮異は、すこししか兵を動かさない。赤眉は、馮異軍のいきおいが弱いとおもい、攻めかかった。夜、赤眉はつかれた。馮異は、にわかに伏兵をおこした。馮異の伏兵は、赤眉と服がおなじだ。赤眉は区別がつかず、驚きくずれた。馮異は、赤眉を崤底(永寧県の西北)で大破した。赤眉の男女8万人が、馮異にくだる。

赤眉をやぶったのは、馮異。さっきから、永寧県のまわりで戦ってる。なぜ赤眉は、会戦におうじたのか。赤眉のほうにも、決着をいそぐ理由があったのかも。赤眉は、劉盆子のもと、ちゃんと指揮命令がいきわたると、わかる。

劉秀は、璽書をくだして、馮異をねぎらった。

赤眉餘眾東向宜陽。甲辰,帝親勒六軍,嚴陣以待之。赤眉忽遇大軍,驚震不知所謂,乃遣劉恭乞降曰:「盆子將百萬眾降陛下,何以待之?」帝曰:「待汝以不死耳!」

のこりの赤眉は、東して、宜陽にゆく。正月甲辰、みずから劉秀は、六軍をひきい、かたく布陣して赤眉をまった。赤眉は、劉秀の大軍におどろいた。赤眉は、劉恭をおくり、降伏をねがった。劉恭は「劉盆子は、百万をひきいて、陛下(劉秀)にくだる。どうして布陣して、私たちを待ちかまえるか」と聞いた。劉秀は「きみたち赤眉を死なせないため、待っていたのだ」と答えた。

ぼくは思う。つまらん美談になってしまったよ。あーあ。


丙午,盆子及丞相徐宣以下三十餘人肉袒降,上所得傳國璽綬。積兵甲宜陽城西,與熊耳山齊。赤眉眾尚十餘萬人,帝令縣廚皆賜食。明旦,大陳兵馬臨雒水,令盆子君臣列而觀之。帝謂樊崇等曰:「得無悔降乎?朕今遣卿歸營,勒兵鳴鼓相攻,決其勝負,不俗強相服也。」徐宣等叩頭曰:「臣等出長安東都門,君臣計議,歸命聖德。百姓可與樂成,難與圖始,故不告眾耳。今日得降,猶去虎口歸慈母,誠歡誠喜,無所恨也!」帝曰:「卿所謂鐵中錚錚,人庸中佼佼者也。」

正月丙午、赤眉の天子・劉盆子と、赤眉の丞相・徐宣より以下、30余人が、はだぬぎになり、劉秀にくだった。傳國の璽綬を、劉秀にわたした。兵甲を宜陽の城西につみあげた。おなじく熊耳山にも、つみあげた。 まだ赤眉は、 10余万人いる。劉秀は、宜陽の縣廚をひらいて、赤眉に食べさせた。
翌朝、劉秀は、おおいに兵馬を、雒水にのぞませて、閲兵した。劉盆子に、君臣の列をみせた。劉秀は、赤眉の樊崇らに言った。「赤眉は、私にくだって、悔いがないか。もし悔いがあるなら、戦闘で決着をつけよう。むりに服従しなくてよい」と。赤眉の徐宣らは、叩頭して言った。「悔いはない。虎口をはなれて、慈母にまもられたようです」と。劉秀は言った。「鉄のなかに、ゴールドがまじる。バカのなかにも、優れた人がまじる。徐宣は、それである」と。

戊申,還自宜陽。帝令樊崇等各與妻子居雒陽,賜之田宅。其後樊崇、逢安反,誅;楊音、徐宣卒於鄉里。帝憐盆子,以為趙王郎中;後病失明,賜滎陽均輸官地,使食其稅終身。劉恭為更始報仇,殺謝祿,自系獄;帝赦不誅。

正月戊申、劉秀は宜陽から、洛陽にもどる。樊崇らと妻子に、洛陽で田宅をあたえた。のちに樊崇と逢安は、そむいて誅された。楊音、徐宣は、郷里にかえった。劉秀は、劉盆子をあわれみ、趙王・劉良(劉秀の叔父)の郎中とした。のちに劉盆子は失明した。滎陽に、均輸の官地をもらった。その収入で、寿命まで生きた。

胡三省はいう。李賢はいう。均輸とは、官名である。司農にぞくす。l桓寛『塩鉄論』はいう。郡国の諸侯は、それぞれ物資をやりとりする。費用を、まかなえない。ゆえに郡国に、均輸の官をおいて、費用のやりくりをさせる。

劉恭は、劉玄を報仇するため、謝祿を殺した。みずから系獄した。劉秀は、劉恭をゆるして、誅さず。

胡三省はいう。謝祿が劉玄を殺したことは、建武元年にある。


027年2月、劉永が張歩を封じ、伏隆が殺される

二月,劉永立董憲為海西王。永聞伏隆至劇,亦遣使立張步為齊王。步貪王爵,猶豫未決。隆曉譬曰:「高祖與天下約,非劉氏不王;今可得為十萬戶侯耳!」步欲留隆,與共守二州;隆不聽,求得反命,步遂執隆而受永封。隆遣間使上書曰:「臣隆奉使無狀,受執兇逆;雖在困厄,授命不顧。又,吏民知步反畔,心不附之,願以時進兵,無以臣隆為念!臣隆得生到闕廷,受誅有司,此其大願。若令沒身寇手,以父母、昆弟長累陛下。陛下與皇後、太子永享萬國,與天無極!」

建武三年(027)2月、劉永は、董憲を海西王とした。
劉永は、劉秀の部将・伏隆が、劇県にきた聞いた。

李賢はいう。海西県は、瑯邪郡にぞくす。『地理志』はいう。劇県は、北海郡にぞくす。『春秋』の紀国があった土地だ。

また劉永は、張歩を斉王とした。張歩は、王爵をむさぼり、劉秀につくか劉永につくか、態度がきまらない。伏隆は、張歩に言った。「高帝は、劉氏でないと王にしないと、天下に約した。張歩は斉王でなく、10万戸侯でいるべきだ」と。張歩は伏隆に「私・張歩につかえて、青州と徐州をおさめよう」と言った。伏隆はゆるさず、劉秀に復命したい。ついに張歩は、伏隆をとらえた。劉永から斉王に封じられた。伏隆は、上書した。「私・伏隆は、劉秀の使者がつとまらず、張歩につかまった。私が殺されたら、劉秀に家族をまかせる。劉秀の王朝が、ながく栄えますように」と。

帝得隆奏,召其父湛,流涕示之曰:「恨不且許而遽求還也!」其後步遂殺之。帝方北憂漁陽,南事梁、楚,故張步得專集齊地,據郡十二焉。 帝幸懷。 吳漢率耿弇、蓋延擊青犢於軹西,大破降之。

劉秀は、伏隆の上奏がとどくと、父の伏湛をよび、流涕して上奏をみせた。のちに張歩は、伏隆を殺した。劉秀は、北の漁陽、南の梁国や楚国に、敵をかかえる。ゆえに張歩は、斉国の12郡に割拠した。

胡三省はいう。張歩が割拠したのは、どこか。城陽、瑯邪、高密、コウ東、東莱、北海、斉国、千乗、済南、平原、泰山、シ川である。

劉秀は、懐県にゆく。呉漢は、耿弇と蓋勲をひきいて、青犢を軹西(河内)で大破して、青犢をくだした。

つぎは、027年の後半。漁陽で、彭寵がそむきます。つづく。

inserted by FC2 system