表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国志の前後関係を整理する

後3年、王莽が、長子と叔父を殺す

『資治通鑑』を訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

後3年春、王莽が皇后の父として、金を辞退する

孝平皇帝下元始三年(癸亥,公元三年)
春,太后遣長樂少府夏侯籓、宗正劉宏、尚書令平晏納采見女。還,奏言:「公女漸漬德化,有窈窕之容,宜承天序,奉祭祀。」大師光、大司徒宮、大司空豐、左將軍孫建、執金吾尹賞、行太常事、大中大夫劉秀及太卜、太史令服皮弁、素積,以禮雜卜筮,皆曰:「兆遇金水王相,卦遇父母得位,所謂康強之占,逢吉之符也。」

後3年春、王太后は、長樂少府の夏侯籓、宗正の劉宏、尚書令の平晏をやり、王莽の娘を平帝に娶らせた。

胡三省はいう。婚姻には、五礼がある。納采、問名、納吉、納徴、請期。いま本文に書いてあったのは、ひとつめの納采だ。

夏侯藩たち、もどって言う。「王莽の娘は、徳化にひたり、心も姿も美しい。皇后にふさわしい」と。三公と、執金吾や大中大夫らは、筮竹をたてた。結果がでた。「占ったら、金水王の相がでた。卦は、父母に遇すとでた。子孫が繁栄するでしょう。よい結果です」と。

張晏はいう。金は水を生じる。父母に遇すとは、「泰」の卦だ。下に「乾」で、上が「坤」である。めでたい形だ。
ぼくの補足。下の3本がすべて陽で、上の3本がすべて陰でしたね。
洪範はいう。康強とは、子孫が吉に遭うこと。


又以太牢策告宗廟。有司奏:「故事:聘皇後,黃金二萬斤,為錢二萬萬。」莽深辭讓,受六千三百萬,而以其四千三百萬分予十一媵家及九族貧者。

大牢を宗廟にまつった。有司は上奏した。「故事では、皇后をだした家に、黄金2万斤を、銭2億を与えます」と。
王莽は深く辞退した。ただ6300万だけを受け、のこりの4300万は、ほかの11人の平帝の妻の実家と、九族の貧者に分けた。

ぼくは思う。「為錢二萬萬」が分からない。単純な計算式と見れば、黄金2万斤を、銭2万万と交換するのか。2万万とか、掛け算で2億だと思ったが、計算が合わず。6300と4300を足しても、10600と、中途半端になる。
胡三省はいう。九族とは、祖父の祖父から、孫の孫までの親族だ。『漢書』王莽伝では、王莽は4000だけ受け、3300を11家に与えた(1家あたり300)。郡臣は、ふたたび言う。「11家に与える金銭が足りません」と。また2300ずつ配り、11家は合計で3000をもらった。王莽は、もらった1000を、九族の貧者に分けた。と。
胡三省が杜佑『通典』を見ると。皇后をだした家に、黄金2万斤を与えるのは、前漢の呂后が、恵帝に魯元公主をめとった故事だ。
この計算について、【追記】T_S氏はいう。(引用はじめ)
王莽が受け取ったのは全部で6300万、そのうちの4300万を分与。王莽の手に残るのは2000万。(引用おわり)
【追記】トラ吉氏はいう。「論衡の九族」
九族多,同里而處,誅其九族,一里且盡,好增事者,則言町町也
九族の意味は同じ一族という意味だけじゃなくて、多いという意味もあり、九族も殺せば一つの里くらいの人数になるので、好事家が町一つ全滅だろうと好きに言っただけって雰囲気で王充が批判解説してます。
九族とは一説では、
①父親と同姓全て
②自分の姉妹
③自分の姉妹の子供
④自分の娘の子供
⑤母親の父母
⑥母親の兄弟姉妹にその配偶者
⑦母親の兄弟姉妹の子供にその配偶者
⑧妻の父の一族(両親兄弟姉妹とその子供や孫にその配偶者全て)
⑨妻の母の一族(両親兄弟姉妹とその子供や孫にその配偶者全て)
ここまで広い範囲らしいです。
これだけ殺せば、同じ一族だけじゃなくかなり関係の薄い人まで殺していそうですね。里全体が親族って事でもなさそうです。(引用おわり)


後3年夏、王莽の父子を、周公のように封ずか

夏,安漢公奏車服制度,吏民養生、送終、嫁娶、奴婢、田宅、器械之品,立官稷,及郡國、縣邑、鄉聚皆置學官。

後3年夏、安漢公は上奏した。「車服の制度を整え、吏民を養生させよ」と。王莽は、官稷をたてた。

胡三省はいう。元始元年、王莽は安漢公になった。『資治通鑑』は、王莽を呼びすてず、安漢公と呼ぶ。権力ある臣下を、呼びすてないのは、ここに始まる。
官稷について。如淳は『郊祀志』をひく。すでに官社はあるが、官稷はない。官稷とは、官社のあとに立てる。臣瓚はいう。前漢のはじめ、秦の社稷をのぞき、漢の社稷をたてた。のちに、夏禹の社稷をたてた。だが官稷は立てない。顔師古はいう。如淳と臣瓚の議論は、完全でない。官稷は、官社の跡地にたてるものだ。だが、いま王莽は、はじめて別のところに官稷を立てた。跡地ではない。

王莽は、郡国と県邑に、学官をたてた。

大司徒司直陳崇使張敞孫竦草奏,盛稱安漢公功德,以為:「宜恢公國令如周公,建立公子令如伯禽,所賜之品亦皆如之,諸子之封皆如六子。」太后以示群公。群公方議其事,會呂寬事起。

大司徒司直の陳崇は、張敞の孫・張竦に、作文させた。王莽の功徳をたたえた。「王莽を、周公のように優遇せよ。王莽の子を、伯禽のように優遇せよ。つまり王莽の6人の子を、みな封ぜよ」

胡三省はいう。周の成王は、周公に功徳があるから、曲阜の7百里に封じた。伯禽は、周公の子で、魯公に封じられた。王莽と王莽の子を、これと同じにせよ、と言ったのだ。

郡臣が、王莽を封じる議論をしているとき、呂寛の事件がおきた。

後3年夏、王莽の子と呂寛が、衛氏を弁護

初,莽長子宇非莽隔絕衛氏,恐久後受禍,即私與衛寶通書,教衛後上書謝恩,因陳丁、傅舊惡,冀得至京師。莽白太皇太后,詔有司褒賞中山孝王后,益湯沐邑七千戶。衛後日夜啼泣,思見帝面,而但益戶邑。宇復教令上書求至京師,莽不聽。宇與師吳章及婦兄呂寬議其故,章以為莽不可諫而好鬼神,可為變怪以驚懼之,章因推類說令歸政衛氏。宇即使寬夜持血灑莽第門,吏發覺之。莽執宇送獄,飲藥死。宇妻焉懷子,系獄,須產子已,殺之。

王莽の長子は、王宇である。王宇は、王莽が平帝の母・衛氏を、中山に押し込めることに反対だ。平帝の母は、平帝に会いたいと、日夜、泣いてる。王宇は王莽に意見した。「衛氏を長安に招こう」と。王莽は許さない。
王宇は、妻の兄・呂寛と、王莽にイタズラした。王莽は、鬼神をこのむ。だから王莽は、奇怪なことを恐れる。衛氏の件で抗議するため、王莽の宮殿の門に、血をまいた。発覚した。王宇は、毒薬で死んだ。王宇の妻は、呂焉という。王宇の子を身ごもった。子が生まれるのを待ち、殺された。

甄邯等白太后,下詔曰:「公居周公之位,輔成王之主,而行管、蔡之誅,不以親親害尊尊,朕甚嘉之!」莽盡滅衛氏支屬,唯衛後在。吳章要斬,磔屍東市門。
初,章為當世名儒,教授尤盛,弟子千餘人。莽以為惡人黨,皆當禁錮不得仕宦,門人盡更名他師。平陵雲敞時為大司徒掾,自劾吳章弟子,收抱章屍歸,棺斂葬之,京師稱焉。

甄邯らは、太后に詔をださせた。「王莽は周公のように、君主を助けている。君主のために、わが子すら殺した。なんと素晴らしい裁きだろう」と。
王莽は、衛氏につらなる人を、すべて殺した。平帝の母・衛皇后ひとり、残した。
王宇と呂寛に同調した、呉章を、腰斬して、東市に磔した。

胡三省はいう。要は、腰だ。磔とは、裂いて、張ること。

はじめ呉章は、『尚書』に詳しいから、弟子が1千余人いた。王莽は、呉章の弟子を、管理から追放した。だが、平陵の雲敞は、このとき大司徒掾だ。雲敞は、呉章の死体を棺におさめた。長安の人たちは、雲敞をほめた。

後3年夏、王莽が同族の反対派を殺す

莽於是因呂寬之獄,遂窮治黨與,連引素所惡者悉誅之。元帝女弟敬武長公主素附丁、傅,及莽專政,復非議莽;紅陽侯王立,莽之尊屬;平阿侯王仁,素剛直;莽皆以太皇太后詔,遣使者迫守,令自殺。莽白太后,主暴病薨;太后欲臨其喪,莽固爭而止。

王莽は、呂寛の事件にこりた。元帝の女弟・敬武長公主は、丁氏や傅氏ら、王莽と敵対する外戚とむすんだ。敬武長公主は、王莽の専政を非難した。紅陽侯の王立は、王莽のおじだ。平阿侯の王仁は、王譚(王莽のおじ)の子だ。王仁は、王莽になびかず。
王莽は、これら同族を自殺させた。王莽は、王太后に言った。「敬武長公主らは、病死しました」と。太后は死体に会いたいが、王莽が止めた。

甄豐遣使者乘傳案治衛氏黨與,郡國豪傑及漢忠直臣不附莽者,皆誣以罪法而殺之。何武、鮑宣及王商子樂昌侯安,辛慶忌三子護羌校尉通、函谷都尉遵、水衡都尉茂,南郡太守辛伯等皆坐死。凡死者數百人,海內震焉。

甄邯は、衛氏の党与や、郡国の豪傑や、漢室の忠臣で王莽につかない人を、みな殺した。死者は数百人。海内はふるえた。

固有名詞と、彼らの「罪状」は、胡三省が注釈する。はぶく。


北海逄萌謂友人曰:「三綱絕矣,不去,禍將及人!」即解冠掛東都城門,歸,將家屬浮海,客於遼東。

北海の逄萌は、友人に言った。「三綱は絕えた。長安から去らないと、禍いが及ぶぞ」と。逄萌は、長安の東都城門に、冠をかけた。家属をひきい、海から、遼東に逃げた。

胡三省はいう。王莽は、叔父を殺した。王莽は、後嗣を殺して、天性を滅した。王莽は、おおおばを殺した。漢室の忠臣を殺した。君主がいないような振る舞いだ。だから逄萌は、三綱は絶えたと言った。


後3年、金日磾の子孫について

莽召明禮少府宗伯鳳入說為人後之誼,白令公卿、將軍、侍中、朝臣並聽,欲以內厲天子而外塞百姓之議。先是,秺侯金日磾子賞、都成侯金安上子常皆以無子國絕,莽以日磾曾孫當及安上孫京兆尹欽紹其封。欽謂「當宜為其父、祖立廟,而使大夫主賞祭。」甄邯時在旁,廷叱欽,因劾奏:「欽誣祖不孝,大不敬。」下獄,自殺。邯以綱紀國體,亡所阿私,忠孝尤著,益封千戶。更封安上曾孫湯為都成侯。湯受封日,不敢還歸家,以明為人後之誼。

王莽は、少府の宗伯鳳を召した。宗伯鳳に、「人後之誼」を検討させた。だれも反対しなかった。
これより先、金日磾の子孫の国で、継嗣が絶えた。金日磾の国を、どう嗣いで祭るかで、モメた。京兆尹の金欽は王莽に反対した。「傍流の子孫が祭るのは、おかしい。大夫が祭ればよい」と。王莽は甄邯をつかい、金欽を殺した。「人後之誼」をどうするか、金氏の事件で明らかになった。

「人後之誼」は、手に余ります。よく分かりません。王莽は、皇族や功臣の子孫に、祭祀を続けさせることに、こだわります。なぜなんでしょうか。
【追記】T_S氏はいう。(引用はじめ)
金日磾の子孫の金氏と王莽は母方で縁続き。(引用おわり)


後3年、正反対の潁川太守

是歲,尚書令穎川鐘元為大理。穎川太守陵陽嚴詡本以孝行為官,謂掾、史為師友,有過輒閉閣自責,終不大言。郡中亂。王莽遣使征詡,官屬數百人為設祖道,詡據地哭。掾、史曰:「明府吉征,不宜若此。」詡曰:「吾哀穎川士,身豈有憂哉!我以柔弱征,必選剛猛代;代到,將有僵僕者,故相吊耳。」

この年、尚書令をする穎川の鐘元は、大理となった。

潁川の鍾氏というと、三国ファンは、鍾繇の祖先かも? と期待してしまう。胡三省は、なにも言わない。『後漢書』の列伝でも読めば、何か書いてあるかな。

潁川太守をする陵陽の嚴詡は、孝行だから就職した。部下である、掾や史を、師友とした。ミスがあったから、嚴詡は引きこもり、太守の仕事をしない。潁川の郡中が、乱れた。
王莽は嚴詡に「仕事しろ」と使者した。嚴詡は地にふして泣いた。部下は、嚴詡に言う。「仕事しないと、まずいよ」と。嚴詡は言った。「私は潁川の人士のために、泣いている。わが身など、どうでもいい。私は柔弱に政治をした。私の後任は、剛猛な太守がくる。うまくいかないだろう」と。

詡至,拜為美俗使者。徙隴西太守平陵何並為穎川太守。並到郡,捕鐘元弟威及陽翟輕俠趙季、李款,皆殺之。郡中震栗。

嚴詡は、潁川太守から、隴西太守に移った。
後任の潁川太守は、何並である。尚書令・鍾元の弟をふくめ、潁川の人士をみな殺した。潁川の郡中は、震慄した。101124

嚴詡が潁川の人士を思うなら、ミスを気にしなければいいのに。
さて、この後3年。政治的な大事件はない。王莽が、長子と叔父を殺したことばかり、印象に残る。司馬光が、手心を加えた結果か。もちろん、王莽による粛清は、平帝の外戚・衛氏の弱めるためだろうが。

inserted by FC2 system