表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国の人が学んだ歴史を学ぶ

前1年、前漢哀帝が崩じ、王莽が再登場

『資治通鑑』を訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。
なぜ三国サイトが、王莽をするか。曹操たちが学んだ「歴史」を知ることが、三国を知る手段になると思うからです。宜しければ、お付き合いください。

前1年春、異民族50ヶ国が、朝貢する

元寿二年庚申,公元前一年
春,正月,匈奴單于及烏孫大昆彌伊秩靡皆來朝,漢以為榮。是時西域凡五十國, 自譯長至將、相、侯、王皆佩漢印綬,凡三百七十六人;
而康居、大月氏、安息、罽賓、 烏弋之屬,皆以絕遠,不在數中,其來貢獻,則相與報,不督錄總領也。

前1年春正月、匈奴の单于と、烏孫の大昆弥と、伊秩靡が、みな来朝した。前漢は栄えている。このとき西域には、50ヶ国ある。

胡三省はいう。36ヶ国を分割して、50ヶ国に水増しカウントした。

西域の人は、訳長の担当者から、部将、大臣、王侯にいたるまで、みな漢の印綬をつけた。いま、376人がきた。

胡三省はいう。訳長は、官名。西域にすべて置いた。漢語への翻訳をする。

だが、康居、大月氏、安息、罽賓、 烏弋などは、とても遠いので、今回の376人には、含まれない。前漢に貢献して、連絡をよこすだけだ。前漢の都護の下に、入っていない。

胡三省は、遠方の国の位置を載せる。はぶく。これらは、前漢と対等に張り合った、遠方の強国たちなのですね。華夷秩序には、都合がわるいなあ。


自黃龍以來, 單于每入朝,其賞賜錦繡、繒絮,輒加厚於前,以慰接之。單于宴見,群臣在前,單于 怪董賢年少,以問譯。上令譯報曰:「大司馬年少,以大賢居位。」單于乃起,拜賀漢 得賢臣。
是時上以大歲厭勝所在,捨單于上林苑蒲陶宮,告之以加敬於單于;單于知之, 不悅。

黄龍年間より、単于がくるごとに、錦などの宝物をあたえた。単于は、前漢の郡臣のうち、董賢が若いので、これを怪しんだ。単于は、訳長を通じて、問うた。哀帝は、単于に答えた。「大司馬の董賢は、若いけれど、賢いから抜擢したのだ」と。単于は、立ち上がった。前漢が賢臣を用いていることを、祝った。
このとき大歳だから、哀帝は、厭勝所在。

胡三省はいう。この年の太歳は、申(サル)だ。文末、訳せず。

単于は、上林苑の蒲陶宮に泊まった。

胡三省はいう。蒲陶は、もとは大宛(西域の国)の植物だ。前漢の武帝のとき、大宛を伐った。蒲陶のタネを持ち帰り、長安の離宮に植えた。だから、蒲陶宮という。

単于を蒲陶に泊めて、単于を敬おうとした。単于はこれを知り、喜ばなかった。

胡三省は理由を教えてくれない。匈奴と大宛のあいだで、仲が悪いのか。前漢が、胡族を討伐した戦果を見せられて、おなじ胡族として腹を立てたのか。
【追記】Golden_hamster(T_S)氏より、ご指摘。
(引用はじめ)帝は単于に天文の呪いをかけるために単于を蒲陶宮に置き、単于には「これは単于を敬った特別扱いです」と言い訳した、と。
「太歲厭勝所在」は自分も説明できないけど、木星の運行で単于に呪いをかけるようなことが出来る(と信じられた)のだろう。葡萄宮はそれに適した方角なのだと思われる。「告之以加敬於單于」は、「単于には「敬意を払っているんですよ」と(本意を隠して)告げた」。単于は嬉しくないに決まってる。(引用おわり)


前1年夏、哀帝が死ぬ

夏,四月,壬辰晦,日有食之。
五月,甲子,正三公官分職。大司馬、衛將軍董賢為大司馬;丞相孔光為大司徒; 御史大夫彭宣為大司空,封長平侯。

前1年夏4月、壬辰みそか、日食した。
5月甲子、三公の職掌を、整理した。

胡三省はいう。成帝のスイ和二年、三公を置いた。哀帝の建平三年、三公をやめた。いま三公を、復活させた。大司馬は兵事、大司徒は人民、大司空は水土をやる。

大司馬・衛將軍をする董賢を、大司馬とした。丞相をする孔光を、大司徒とした。御史大夫をする彭宣を、大司空として、長平侯に封じた。

ぼくは思う。董賢は、列伝を読まねばならん。
胡三省がひく『漢書』恩沢侯表はいう。長平侯は、済南郡に封地がある。


六月,戊午,帝崩於未央宮。
帝睹孝成之世祿去王室,及即位,屢誅大臣,欲強主威以則武、宣。然而寵信讒諂, 憎疾忠直,漢業由是遂衰。

前1年6月戊午、哀帝は未央宮で死んだ。
哀帝は、成帝のとき、皇帝が政治をしていないのを見た。だから哀帝は、しばしば大臣を誅した。哀帝は皇帝権力を、武帝や宣帝のように、強めたい。

胡三省はいう。成帝のとき、王氏が政治をした。
顔師古はいう。武帝や宣帝のとき、法に則って、政治した。

しかし哀帝は、讒諂な人材をもちい、忠直な人材をにくみ、前漢を衰えさせてしまった。

胡三省はいう。讒諂な人材とは、趙昌、董賢、息夫キュウをいう。忠直な人材とは、師丹、傅喜、鄭崇をいう。
ぼくは思う。ひとりも分からん!がんばれ、ぼく。董賢の評価が、前の単于のときと、正反対なのが気になる。董賢は、へつらっただけの人物?


前1年夏、王莽が董賢に代わる

太皇太后聞帝崩,即日駕之未央宮,收取璽綬。太后召大司馬賢,引見東箱,問以 喪事調度。賢內憂,不能對,免冠謝。太后曰:「新都侯莽,前以大司馬奉送先帝大行, 曉習故事,吾令莽佐君。」賢頓首:「幸甚!」太后遣使者馳召莽。詔尚書,諸發兵符 節、百官奏事、中黃門、期門兵皆屬莽。

太皇太后の王氏は、哀帝が死んだ日に、未央宮にきた。皇帝の璽綬を、おさめた。太后は、大司馬の董賢を召した。董賢に、哀帝の葬儀の手はずを問うた。董賢は、手はずが分からない。太后は言った。「新都侯の王莽は、かつて大司馬として、成帝の葬儀をしきった。王莽に、董賢を補佐させよう」と。董賢は頓首して言った。「すばらしい」と。
王太后は、王莽を召した。
太后は詔して、王莽に、権限をつけた。兵を発する権限、百官に上奏させる権限、中黄門と期門兵を指揮する権限が、王莽についた。

胡三省はいう。中黄門とは、禁門を守る。期門兵とは、殿門を守衛する。
ぼくは思う。王莽の再登場と逆転劇は、ここから始まる。かつて王莽は、成帝のとき大司馬になった。哀帝に敵視され、新都侯に左遷されていた。


莽以太后指,使尚書劾賢帝病不親醫藥,禁止 賢不得入宮殿司馬中;賢不知所為,詣闕免冠徒跣謝。己未,莽使謁者以太后詔即闕下 冊賢曰:「賢年少,未更事理,為大司馬,不合眾心,其收大司馬印綬,罷歸第!」即 日,賢與妻皆自殺;家惶恐,夜葬。莽疑其詐死。有司奏請發賢棺,至獄診視,因埋獄 中。

王莽は太后に指名されたから、権限がある。王莽は尚書に、董賢を弾劾させた。董賢は、哀帝が病気なのに、医薬を飲まさなかった。

【追記】Golden_hamster(T_S)氏より、ご指摘。
(引用はじめ)「使尚書劾賢帝病不親醫藥」を「哀帝が病気なのに、医薬を飲まさなかった。」と訳していますが、おそらく少し不足かと。飲ませないを責められたのではなく、たぶん「自分で毒見しなかった」のを責められているのだと思われます。「親」は「自分でする」というイメージの語。
つまり「董賢、お前さんがちゃんと毒見していれば陛下は死ななかったんじゃないのか?」と言われているのだ。当時の医薬は毒と紙一重なので(今もか)、分量を誤ったことによる事故死だったのだろうか。それとも、治療のふりした毒殺だったということなのか。どっちにしろ自然死ではないということだ。
「自分で毒見」あるいは「自分で投薬」か。いずれにしろ、いつも皇帝のそばにいたという董賢が、肝心な医薬を自分で世話せずにいたために皇帝は死ぬ羽目になったんだぞ、ということ。 (引用おわり)

王莽は、董賢が宮殿の司馬中に入れないようにした。

胡三省は『漢書』趙充伝より、司馬中の用例をひく。如淳の注釈はいう。司馬中とは、営軍司馬中のことだ。宮殿に、司馬中が屯衛したのだろう。
ぼくは思う。王莽は門兵を掌握して、名目でも物理的にも、支配を始めた。

董賢は、なすスベなし。冠をぬぎ、はだしで謝った。
6月己未、王莽は謁者をやり、太后の詔を董賢に命じた。「董賢は若くて、道理を分かっていないくせに、大司馬になった。董賢は、大司馬の印綬を返し、宮殿より去れ」と。その日のうちに、董賢とその妻は、自殺した。
董賢の家人は、恐れて、夜に董賢を葬った。王莽は、董賢の自殺がウソだと疑った。董賢の棺を掘り起こし、死体を確認した。死体を獄中に埋めた。

前1年夏、ふたたび王莽が大司馬となる

太皇太后詔「公卿舉可大司馬者」。 莽故大司馬,辭位避丁、傅,眾庶稱以為賢, 又太皇太后近親,自大司徒孔光以下,舉朝皆舉莽。

王太皇太后は詔した。「大司馬の適任者をあげよ」と。
王莽は、かつて大司馬だったが、敵対する外戚・丁氏や傅氏に、大司馬を辞めさせられた。だが王莽の賢さは、みなに評価されていた。

胡三省はいう。王莽が大司馬を辞めさせられた記事は、『資治通鑑』三十三巻、スイ和二年にある。

また王莽は、太皇太后の近親である。大司徒の孔光をはじめ、みな王莽を大司馬に推した。

獨前將軍何武、左將軍公孫祿二人 相與謀,以為「往時惠、昭之世,外戚呂、霍、上官持權,幾危社稷;今孝成、孝哀比 世無嗣,方當選立近親幼主,不宜令外戚大臣持權。親疏相錯,為國計便。」
於是武舉 公孫祿可大司馬,而祿亦舉武。

前将軍の何武と、左将軍の皇孫祿は、2人で謀って言った。「恵帝や昭帝のとき、外戚の呂氏や霍氏や上官氏が、権力を持った。前漢を危うくした。いま成帝と哀帝は、子がいない。もし幼い皇帝を立てたら、外戚が権力を持つだろう。王莽はいけない」

原文の意味をおとしたので、補足。
胡三省はいう。「親疏相錯」の「親」は、外戚のこと。「疏」は、劉氏でない異姓を、将軍や公卿とすること。顔師古はいう。「錯」はゴチャゴチャに混ざること。胡三省はいう。「為國計便」とは、便宜をはかれ、ということ。

ここにおいて何武は、皇孫祿を大司馬にあげた。皇孫祿は、何武を大司馬にあげた。

ぼくは思う。外戚の弊害を説くところまで、何武と皇孫祿は、大正解。しかし、お互いをほめあうのは、見苦しいだけだ。第三者の候補を立てれば、もうちょっと、何とかなっただろうに。


庚申,太皇太后自用莽為大司馬、領尚書事。
太皇太后與莽議立嗣。安陽侯王舜,莽之從弟,其人修飭,太皇太后所信愛也,莽 白以舜為車騎將軍。
秋,七月,遣舜與大鴻臚左鹹使持節迎中山王箕子以為嗣。

6月庚申、王太皇太后は、王莽を大司馬、領尚書事とした。 王太皇太后は、王莽と皇帝をさがした。安陽侯の王舜は、王莽の従弟である。王舜は、人柄が整っているので、王太皇太后に信愛された。

顔師古はいう。飭は、チョクと読む。「整」のこと。

王莽は、王舜を車騎将軍にした。
前1年秋7月、王舜は、大鴻臚の左鹹とともに、持節を持った。中山王の劉箕子を、つぎの皇帝とした。

胡三省はいう。使持節は、奉使して持節すること。魏晋よりあと、官名になった。


前1年秋、王莽が敵対する外戚をつぶす

莽又白太皇太后,詔有司以皇太后前與女弟昭儀專寵錮寢,殘滅繼嗣,貶為孝成皇 後,徙居北宮。又以定陶共王太后與孔鄉侯晏同心合謀,背恩忘本,專恣不軌,徙孝哀 皇後退就桂宮,傅氏、丁氏皆免官爵歸故郡,傅晏將妻子徙合浦。獨下詔褒揚傅喜曰: 「高武侯喜,姿性端愨,論議忠直,雖與故定陶太后有屬,終不順指從邪,介然守節, 以故斥逐就國。《傳》不雲乎:『歲寒然後知松柏之後凋也。』其還喜長安,位特進, 奉朝請。」喜雖外見褒賞,孤立憂懼;後復遣就國,以壽終。莽又貶傅太后號為定陶共 王母,丁太后號曰丁姬。

王莽は、成帝の皇后を、北宮にうつした。哀帝の皇后を、桂宮にうつした。王莽に敵対した外戚・傅氏と丁氏は、みな免官された。

胡三省はいう。王莽は数年間、新都侯に左遷された。いま復活し、何でもできる。傅氏は河内の人。丁氏は山陽の人。

傅氏のうち、傅喜だけは、王莽に用いられた。傅喜は孤立して、国に去った。王莽は、傅太后と丁太后をおとしめ、定陶王母と丁姫とした。

莽又奏董賢父子驕恣奢僭,請收沒入財物縣官,諸以賢為官者 皆免。父恭、弟寬信與家屬徙合浦,母別歸故郡巨鹿。長安中小民歡嘩,鄉其第哭,幾 獲盜之。縣官斥賣董氏財,凡四十三萬萬。賢所厚吏沛硃詡自劾去大司馬府,買棺衣, 收賢屍葬之。莽聞之,以它罪擊殺詡。

王莽は、もと大司馬・董賢の一族を弾圧した。

莽以大司徒孔光名儒,相三主,太后所敬,天下 信之,於是盛尊事光,引光女婿甄邯為侍中、奉車都尉。諸素所不說者,莽皆傅致其罪, 為請奏草,令邯持與光,以太后指風光。光素畏慎,不敢不上之;莽白太后,輒可其奏。

王莽は、大司空の孔光を敬った。孔光の娘婿・甄邯を侍中、奉車都尉とした。王莽は、孔光と王太后の威光を、身につけた。あえて孔光は、王莽に文句を言わない。王太后は、王莽の政策を、すぐに、すべて許した。

前1年秋、だれも王莽に逆らえない

この段落は、かなり抄訳します。なぜか。末尾の「莽之所以脅持上下,皆此類也。」に、司馬光の意図が集約されているから。いちいち各例を詳細に見なくても、「王莽のやり方は、ひどいなあ」と思えれば、目的が達せられる。


於是劾奏何武、公孫祿互相稱舉,皆免官,武就國。
又奏董宏子高昌侯武父為佞邪,奪 爵。
又奏南郡太守毋將隆前為冀州牧,治中山馮太后獄,冤陷無辜,關內侯張由誣告骨 肉,中太僕史立、泰山太守丁玄陷人入大辟,河內太守趙昌譖害鄭崇,幸逢赦令,皆不 宜處位在中土,免為庶人,徙合浦。中山之獄,本立、玄自典考之,但與隆連名奏事; 莽少時慕與隆交,隆不甚附,故因事擠之。

何武と公孫祿を、任国に左遷した。董宏の爵位をうばった。中山の馮太后の獄にからめて、王莽は恣意的な裁きをした。

紅陽侯立,太后親弟,雖不居位,莽以諸父 內敬憚之,畏立從容言太后,令己不得肆意,復令光奏立罪惡:「前知定陵侯淳於長犯 大逆罪,多受其賂,為言誤朝。後白以官婢楊寄私子為皇子,眾言曰:『呂氏少帝復 出。』紛紛為天下所疑,難以示來世,成襁褓之功。請遣立就國。」太后不聽。莽曰: 「今漢家衰,比世無嗣,太后獨代幼主統政,誠可畏懼。力用公正先天下,尚恐不從; 今以私恩逆大臣議,如此,群下傾邪,亂從此起。宜可且遣就國,安後復征召之。」太 後不得已,遣立就國。莽之所以脅持上下,皆此類也。

紅陽侯の王立は、王太后の弟である。王莽は、王立をはばかる。王莽は口実をつくり、王立を任国に左遷した。
王莽が上下の人を脅したのは、こんな調子だ。

於是附順莽者拔擢,忤恨者誅滅,以王舜、王邑為腹心,甄豐、甄邯主擊斷,平晏 領機事,劉秀典文章,孫建為爪牙。豐子尋、秀子棻、涿郡崔發、南陽陳崇皆以材能幸 於莽。莽色厲而言方,欲有所為,微見風采,黨與承其指意而顯奏之。莽稽首涕泣,固 推讓,上以惑太后,下用示信於眾庶焉。

王莽についた人は抜擢された。王莽をうらんだ人は、誅滅された。

王莽に、くっついた人が、紹介されてる。はぶく。

王莽は、思っていることを、オモテに出した。王莽の党与は、王莽の願いを察して、上奏した。そのくせ、王莽は涙を流して、上奏の内容をこばんだ。王莽は、王太后を惑わした。王莽は下々の人に、信を示した。

うまく訳せていませんが、上~、下~、の原文は名言です。王莽の本領。


前1年8月~、平帝が即位し、孔光が太傅に

八月,莽復白太皇太后,廢孝成皇後、孝哀皇後為庶人,就其園。是日,皆自殺。
大司空彭宣以王莽專權,乃上書言:「三公鼎足承君;一足不任,則覆亂美實。臣 資性淺薄,年齒老眊,數伏疾病,昏亂遺忘,願上大司空、長平侯印綬,乞骸骨歸鄉里, 俟寘溝壑。」莽白太后策免宣,使就國。莽恨宣求退,故不賜黃金、安車、駟馬。宣居 國數年,薨。
戊午,右將軍王崇為大司空,光祿勳東海馬宮為右將軍,左曹、中郎將甄豐為光祿勳。

前1年8月。王莽は、成帝の皇后と、哀帝の皇后を、庶人におとした。この日、2人の皇后は自殺した。

『考異』はいう。『漢春秋』は、八月甲寅という。根拠がわからない。

大司空の彭宣は、王莽を非難した。「三公は、鼎のように皇帝を支える。王莽は三公の1人なのに、バランスを崩している。私は大司空を返上して、引退したい」と。王莽は、彭宣に退職金を与えず。帰国して数年で、彭宣は死んだ。

九月,辛酉,中山王即皇帝位,大赦天下。
平帝年九歲,太皇太后臨朝,大司馬莽秉政,百官總己以聽於莽。莽權日盛,孔光 憂懼,不知所出,上書乞骸骨;莽白太后,帝幼少,宜置師傅,徙光為帝太傅,位四輔, 給事中,領宿衛、供養,行內署門戶,省服御食物。以馬宮為大司徒,甄豐為右將軍。

前1年9月辛酉、中山王が皇帝となる。大赦した。
平帝は9歳だ。王太皇太后が、臨朝した。大司馬の王莽が、すべて政治をみた。王莽は日に日に盛んだ。孔光は、引退を申し出た。王莽は、平帝が幼いから「師傅」をおいた。孔光を太傅にとし、位は四輔とした。孔光は、禁中の諸事を、しきった。

『記』はいう。虞、夏、商、周には、「師」「保」「疑」「丞」があった。これが四輔だ。四輔は、三公とともに置かれた。王莽は、古代をまねて、孔光を太傅にした。王莽が、官名を変えるのは、これが始まりだ。

馬宮を大司徒とした。甄豊を右将軍とした。

冬,十月,壬寅,葬孝哀皇帝於義陵。

前1年冬10月壬寅、哀帝を義陵に葬った。101122

臣瓚はいう。哀帝が死んでから、葬るまで105日だ。義陵は扶風にある。長安から46里だ。『考異』は哀帝紀をひく。九月壬寅、葬ったと。この月は、辛酉がついたちだ。壬寅は、9月にない。壬寅は、10月12日だ。哀帝紀が誤った。

inserted by FC2 system