表紙 > 旅行他 > 漢文勉強会で、立間祥介先生に教わったこと(2回目)

01) 魯粛と周瑜による曹操分析

総合三国志同盟のオフ会に参加させていただき、
池袋で、あの立間祥介先生より『資治通鑑』の講義を受けました。
10年4月です。2回目の出席です。

1回目の出席は3月。前回の内容はこちら。
「総合三国志同盟」のイベントで、立間祥介先生に教わったこと

中華書局『資治通鑑』2090ページ。
建安13年11月から。

魯粛が孫権をおどして、赤壁開戦を炊きつける

孫権が、トイレに追いかけてきた魯粛にいう。
「卿欲何言」と。すなわち、「卿、何をか言わんと欲す」

「何をか」みたいに、助詞を補うのがカッコいい。慣れですね。

「卿」は尊敬をこめる。尊敬しないなら「汝」だ。

文頭の「向」で「さきに」と読む。

『字典』より。日時がさきに向かって進んだことから、転じて、過ぎ去ったことを表す。「向者」で「さきには」と訓読。「向日」で、すぎ去った日。
意味は違いますが、「向使」で「たとへ」と仮定の接続詞。

「欲誤将軍」は「将軍をあやまらんと欲す」だ。魯粛曰く、張昭らは、孫権将軍の前途を、誤らせようとしている。

「将軍を誤る」だと、他動詞の響きが気持ち悪い。先生と違いますが、ぼくは、使役っぽく「あやまらせんと欲す」と読めばいいと思う。吉川忠夫氏なら、使役の助動詞をプラスするでしょうねえ。


魯粛は「粛は」と発言した。
へりくだって自称するときは、名をいう。「粛は」と。逆に、他人を本名で呼ぶと、キツく呼びつけるニュアンス。他人が「亮は」と呼べば、「諸葛亮のやつめが」という憎しみが籠もる。

ぼくは先生に質問しました。
「当時の口語で、本当にこう言っていたのですか」と。
文語のマナーとして、こう書いてあるだけでは? 口語ではもっと別の言い方があったのでは? 口語は、文章に残らないから、誰にも分からないのでは? こう思ったのです。
立間先生の答えは「口語で言っていました」でした。
『三国演義』は、口語で書かれている。『演義』でも、こういう呼び方をしている。先生の根拠は『演義』です。


「迎操」で「操を迎へなば」です。
曹操に降伏したら、魯粛は「還りて郷党に付し」という。
役人になるのは、故郷の仲間からの推薦がいる。長老の評判を得たら、中央の役人に進める。魯粛は長老に認めてもらうため、いちど「還」ろうと言うのだ。

魯粛は、故郷で評判が悪かった。家出同然だった。
今さら故郷の徐州に還っても、まともな評価を得られるのは思えない。
だが、魯粛の詭弁についての反論を、立間先生に訴えても仕方ない。だから質問せず、黙っていましたが、なんか不満だ。笑

「品其名位」の「品」は、くらべる。日本語「品評会」は、この意。

魯粛が最低でも就けるのは、「下曹従事」という。
「曹」とは、役所。将軍の幕府には、「西曹」「東曹」がある。部局のこと。「下曹」で下っ端。「従事」とは、役人のこと。
魯粛が乗れる「トク車」は、牛車。高貴な人はクルマに乗り、それ未満の人は牛車にのる。

ぼくのメモが怪しい。高貴な人が乗るのは、人力車かなあ。


「官吏」は日本語で1つの言葉だが、もとは違う。「官」は、天子に直接任命される。州牧、太守、県令、県丞まで。

県丞とは、県のナンバー2。

「吏」とは、天子から任命されない役人。胥吏という。

魯粛は曹操に降伏しても、「交遊士林」できる。
「士」は、役人になるために、学問をした人。当時は学問をすれば、必ず役人になる。

立間先生の言外に、今日の日本では、学問をしても、必ずしも役人にならないと仰っているのかなあ。笑

「林」は、あつまる場所。
「累官」は、「官をかさねて」。

「故」は、もとより、ことさらに、依然として。
「欲安所帰乎」で、「いずくにきするところをほっするか」となる。

疑問詞を、プロっぽく訳したいものです。


魯粛のアドバイスを聞き、孫権がいう。
「衆人持議」で「衆人、議を持すること」。

けっこうそのまま。訳しにくいのだな。

孫権の一人称は「孤」だ。諸侯の一人称。

この時点で、孫権が「孤」というなら、勘違い野郎である。

魯粛は大計を「廊開」してくれた。「廊」は、ひろい、ひろげる。この熟語は、同じ意味の漢字を、2つ並べたものだ。
『資治通鑑』によれば、曹操に抵抗を説いたのは、はじめに魯粛、つぎに周瑜である。

周瑜が呼び戻されて、天下を説く

ときに周瑜は「受使」。「使をうけて」もしくは「使いせしめられて」。

後者の読みだと、「使」を2回読んでいます。笑

胡三省の注釈。周瑜はこのとき、すでに鄱陽に行っていたのか、行く途中だったのか、分からない。『演義』では、鄱陽湖で水練をしたことになっている。そのほうが話が通るから、改変された。
周瑜がいるのは「番陽湖」。「番」には「ハ」の音があった。

先生曰く、300年後に鄱陽湖に代わる。いずれも、ハヨウコ。

鄱陽湖は、淡水の湖でいちばん大きい。飛行機で上空を飛ぶと、下方の視界が、すべて湖面になる。洞庭湖は、2番目に大きい。

「相」は、丞相のこと。曹操は208年8月、丞相に昇った。胡三省は、音に注釈をつける。「相」を、第1声で読めば「ともに」という意味。第4声で読めば、「大臣」の意味だ。

第1声は、高く平板に。第4声は、高から低に落とす。
大学時代の中国語の勉強は、完全な徒労ではなかった。笑

「兼杖父兄之烈」かねてより、父兄の烈により。「杖」は、たよる、よる、ひきついでいる。「烈」は、目覚しい業績のこと。
「江東」は、長江の東だから、中流を指す。また「江南」と言えば、長江の南、下流だ。長江は下流に到ると、東西に流れるから、「江南」という言い方になる。

「兵精」は「兵はくわしく」だ。よく訓練できている。
「楽業」は「業にたのしむ」だ。任務に満足しており、二心のないこと。

胡三省が、そう注釈しているから、そうなんでしょう。漢字だけ見れば、ほっと他の読み方が出来そうですが。

周瑜曰く、曹操は天下を「横行」する。人間は縦に歩くものだ。わざわざ横に歩くのは、ほしいままに、勝手なことをしている。

自信がなくて質問しそびれたが。「縦」も、「ほしいままに」と訓読する例が、けっこうある。先生の説明の、筋が通らなくなりますが。笑


「而可迎之邪」は「しかしてこれを、むかうべけんや」となる。「迎」は、降伏する。
「請為将軍」。ひとつ言わしてもらえば、と発話するときに、「請」という。
「籌」は、考えること。もとは、『易経』にもとづく占いで、筮竹を数えること。転じて、よく検討することになった。

馬超と韓遂がいるのは「カンセイ」。中国に「カンサイ」はない。函谷関の西のこと。函谷関は、長安の守り。いまの「陜西省」とは、もと陜県の西のこと。陜県に、函谷関があった。
「関西」「関東」を言い出したのは、周代から。函谷関の内側に、都があったから。ゆえに、さきに「関西」ができて、のちに「関東」ができた。関西に都を置いたのは、周、秦、前漢。

参加者の質問への回答です。質問者の意図は「地名が先にできたのはどちらか」だったと思います。地名というのは、相手を客体として認識したときに、生まれるものだ。西の人が「あっちは関東」と言い出したのが先か、東の人が「あっちは関西」と言ったのが先か。
でも先生は、都市が先に建設されたのはどっちか、をお答えになっていたように思います。そりゃ西でしょうね。。


「舎」は「捨」に同じ。
「衡」は、はかり。「争衡」で、天下を争う。

「権」も、おもり。権力とは、度量衡のおもさを決める力。「衡」が天下の権限を表すのも、これと同じニュアンスなのでしょう。

「呉越」は、蘇州と紹興。呉は孫堅の本拠地であり、会稽は孫策が平定した。会稽は、今日の「会計」に同じ。春秋時代、ここの山で諸侯が軍議をしたから、会稽山と呼ばれた。

「盛寒」とは、11月。冬のさかり。10月から12月が冬で、そのピークなのだから、11月だ。
「中国」とは、河南省。
「士」は、下士官以上。小隊長以上。「卒」は軍勢。
「江湖」は、長江と洞庭湖。
北京では、冬にリップクリームなしで5分も歩けば、唇が割れる。そんな乾燥した北方から遠征すれば、「水土」が合うわけがない。
曹操軍は、伝染病でなく、寄生虫にやられた。出土したミイラが、日本住血虫に感染していた。

なぜ虫の名が「日本」なのか、いまだに不明。。

inserted by FC2 system