表紙 > 人物伝 > 袁術に徐州の経営を委任&期待された、一軍人の呂布伝

02) 張邈の友となり、名声獲得?

「魏志」巻7より、呂布伝をやります。
『三国志集解』を片手に、翻訳します。
グレーかこみのなかに、ぼくの思いつきをメモします。

袁術と袁紹から追放され、河内郡へ

布自以殺卓為術報讎,欲以德之。術惡其反覆,拒而不受。

呂布は、董卓を殺した。袁術のカタキに報いたことになる。呂布は袁術に、徳を感じてもらえると考えた。

董卓は、袁隗とその一族を殺した。袁隗は、袁術の叔父。
陳仁錫がいう。呂布は、丁原を殺した。丁原の殺害の、どこに「徳」があるかと。ぼくは思う。呂布は、董卓を殺したことを「徳」と自認したのだ。丁原のことについて、袁術に恩を売っていない。・・・反論してみた。笑

だが袁術は、呂布が反覆するから、悪んだ。呂布を拒んだ。

『後漢書』の呂布伝はいう。南陽の袁術は、呂布を、はなはだ厚く待遇した。呂布は、董卓を殺した手柄をほこり、自分勝手に振る舞った。兵に略奪をさせた。袁術は、呂布をジャマに思うようになった。呂布は、河内の張楊のもとに去った。
ぼくは思う。『後漢書』は、袁術をけなすより、呂布をけなすことに、熱心である。後漢王朝&献帝に与えたダメージは、袁術からより、呂布からの方がデカいと見積もられたのかな。


北詣袁紹,紹與布擊張燕於常山。燕精兵萬餘,騎數千。布有良馬曰赤兔。常與其親近成廉、魏越等陷鋒突陳,遂破燕軍。而求益兵眾,將士鈔掠,紹患忌之。布覺其意,從紹求去。紹恐還為己害,遣壯士夜掩殺布,不獲。事露,布走河內,

呂布は、北のかた、袁紹を頼った。

沈家本がいう。『後漢書』呂布伝は、袁術のあと、張楊に行ったとする。陳寿は、袁術のつぎは袁紹とする。違う。
ぼくは思う。『後漢書』は省略しただけでは? 袁紹の下で、呂布の武勇は、生涯のピークだと思います。呂布が軍事行動して、目ぼしい戦果をつくるのは、ここだけだ。

袁紹は呂布をつかい、常山で張燕を撃った。呂布は、赤兎という良馬に乗った。

『曹瞞伝』がいう。人中に呂布あり、馬中に赤兎あり。ふーん。

呂布は、親近の部将・成廉や魏越らと、暴れまわった。呂布は袁紹に、兵を増やせと願った。袁紹は呂布をジャマに思った。袁紹は、呂布を暗殺した。失敗した。呂布は、河内郡に逃げた。

成廉や魏越は、あとで名前が出てこない。途中で戦死?
『後漢書』呂布伝がいう。呂布は赤兎に乗った。赤兎は、城壁も塹壕も、飛び越えた。成廉や魏越は、数十騎で駆けた。1日で、3つ4つの敵陣を落とした。10日あまりで、燕軍を破った。
ぼくは思う。『後漢書』は陳寿より、呂布の強さをアピールする。後漢が滅びた原因を、呂布に求めようとしている?


英雄記曰:布自以有功于袁氏,輕傲紹下諸將,以為擅相署置,不足貴也。布求還洛,紹假布領司隸校尉。外言當遣,內欲殺布。明日當發,紹遣甲士三十人,辭以送布。布使止於帳側,偽使人於帳中鼓箏。紹兵臥,布無何出帳去,而兵不覺。夜半兵起,亂斫布床被,謂為已死。明日,紹訊問,知布尚在,乃閉城門。布遂引去。

『英雄記』がいう。袁紹は、呂布の寝こみを襲った。

話として面白いだけなので、訳しません。


河内の張楊に殺されかけ、トンチで逃げきる

與張楊合。紹令眾追之,皆畏布,莫敢逼近者。

呂布は袁紹を去り、張楊と合わさった。袁紹は、呂布を追った。みな呂布を畏れた。呂布に、近づける人はいなかった。

盧弼が『後漢書』の呂布伝をみる。呂布は、さきに張楊を頼り、あとで袁紹に頼ったとある。陳寿と、順序が逆である。
盧弼はここから、呂布が頼った順序が、史料によってメチャメチャだという話をひく。袁術、袁紹、張楊、張邈が、前後する。とりあえず、陳寿が正しそうだ、と落ちつく。笑
ぼくは思う。呂布はこの時期、神出鬼没にウロウロし、誰も居場所を把握できなかったのだろう。呂布その人ですら、忘れてしまったに違いない。笑


英雄記曰:楊及部曲諸將,皆受傕、汜購募,共圖布。布聞之,謂楊曰:「布,卿州裏也。卿殺布,於卿弱。不如賣布,可極得汜、傕爵寵。」楊於是外許汜、傕,內實保護布。汜、傕患之,更下大封詔書,以布為潁川太守。

『英雄記』がいう。張楊や、張楊の部曲や諸将たちは、呂布を殺そうとした。李傕や郭汜が、呂布を指名手配したからだ。呂布はこれを聞き、張楊に云った。
「キミと私は、同州の出身だ。キミが私を殺せば、キミの弱みになる。李傕や郭汜に、あとからボーナスをもらっても、同郷人を殺した汚名は、つぐなえないぞ
張楊は、外には李傕と郭汜を支持し、内には呂布を保護した。李傕と郭汜は、張楊の矛盾した態度を、ジャマに思った。李傕と郭汜は、詔して、呂布を潁川太守にした。

『後漢書』呂布伝がいう。李傕と郭汜は、呂布を指名手配した。呂布は、張楊に云った。
「私を殺してしまうより、生け捕りにしたほうがいい。そのほうが、李傕と郭汜から、多くのボーナスをもらえるだろう」
ぼくは思う。このトンチが利いたセリフで、呂布は命が助かった。呂布らしくない。無敵の猛将じゃないよな。小ずるい策士だ。なぜ、不得意な弁舌をつかったか。あとで書きますが、呂布軍には、河内兵の大きな派閥があったっぽい。呂布は、河内兵と戦闘できない。
ところで、なぜ潁川太守なのか? このとき豫州は、李傕たちにより荒廃した。使い物にならない。袁術が南から影響力を伸ばしつつも、主人がいない状態だ。呂布に官位名だけ与えるには、ぴったりだったかも?


張邈と手を握り、名士の友情の輪に、仲間入りする

張邈字孟卓,東平壽張人也。少以俠聞,振窮救急,傾家無愛,士多歸之。太祖、袁紹皆與邈友。辟公府,以高第拜騎都尉,遷陳留太守。董卓之亂,太祖與邈首舉義兵。汴水之戰,邈遣衛茲將兵隨太祖。袁紹既為盟主,有驕矜色,邈正議責紹。紹使太祖殺邈,太祖不聽,責紹曰:「孟卓,親友也,是非當容之。今天下未定,不宜自相危也。」邈知之,益德太祖。太祖之征陶謙,敕家曰;「我若不還,往依孟卓。」後還,見邈,垂泣相對。其親如此。

張邈は、あざなを孟卓という。東平郡の壽張県の人だ。

『後漢書』党錮伝がいう。度尚と張邈らは、八廚と呼ばれた。キャッチコピーは「海内の厳恪、張孟卓」である。
『後漢書』でも、呂布伝と張邈伝は、くっついている。

張邈は、曹操や袁紹と友人だ。三公府に召され、騎都尉、陳留太守。董卓の乱のとき、袁紹は、関東の盟主として驕った。張邈が諌めた。袁紹は曹操に、張邈を殺せと命じた。曹操は、袁紹を諌めた。
曹操が陶謙を攻めたとき、家族に「張邈を頼れ」と言い残した。こんなふうに曹操は、張邈と親しかった。

呂布之拾袁紹從張楊也,過邈臨別,把手共誓。紹聞之,大恨。邈畏太祖終為紹擊己也,心不自安。

呂布は袁紹を去り、張楊に従った。その途中で、張邈と会った。別れのとき、呂布と張邈は、手を取り合って、ともに誓った。

袁紹の周りには「奔走の友」がたくさんいます。後漢の秩序が支持を失い、人脈が群雄の勝ち負けを決めた。
張邈は、名士の代表的人物。その張邈が、呂布を友達だと表明すれば、他の名士たちも、呂布は仲間だと認定するだろう。「呂布の董卓殺害は、やはり立派だった」となる。丁原の件は、チャラになる。
そうなれば逆に、呂布を殺そうとした袁紹は、名士から仲間はずれにされる。袁紹は、豫州と冀州の名士を使いこなし、国を治めている。名士が離れたら、破滅だ。だから袁紹は、下の行で、張邈&呂布をつぶそうとする。

袁紹は、呂布と張邈に友情が生まれたことを聞いて、とても恨んだ。張邈は、不安になった。袁紹が、曹操に命じ、自分(張邈)を攻めるのではないかと、畏れたからだ。

袁紹は韓馥をだまし、冀州を取った。曹操は、徐州を苛烈に攻めた。天下統一のための基盤づくりだ。本人たちは、使命感に基づき、励んでいる。しかし見方を変えれば、侵略である。名士の輪から村八分にされても仕方ない、野蛮&利己的な行為だ。
歴史の結末から見れば、袁紹や曹操が勝ち残り、「大勢力」を形勢した。だがこの段階では、正解が分からない。袁紹や曹操のやり方は、支持されないリスクがある。
さて、袁術のこと。袁術は、州牧や太守にならない。「徐州伯」という、よく分からない称号は名乗りましたが。袁術は、袁紹や曹操の侵略を、否定したのではないか。いま繋がろうとしている、袁術-張邈-陳宮-呂布のラインは、天下の名声を集める可能性がある。(可能性だけは)


次回、天下の期待を背負って? 兗州と徐州で自立を目指します。

inserted by FC2 system