表紙 > 漢文和訳 > 『後漢書』耿純伝を抄訳、車1台で河北平定する光武帝を、支えた信者

01) 光武帝に鉅鹿を断念させる

『後漢書』列伝第二、耿純伝。吉川忠夫訓注をみて、抄訳と感想。
光武帝を知ることが目的。


王郎伝の抄訳で保留した、2つのナゾを解くため、耿純伝やります。
 1.なぜ耿純は光武帝に、鉅鹿をあきらめろと云ったか
 2.王郎の討伐がらみで、光武帝は皇族にやましいことをした?

この耿純伝を読むと、上の2つのナゾにくわえて、
光武帝が河北にいったとき、更始帝から追放されたも同然だったことが分かります。兵力ゼロ。物資ゼロ。権限ゼロ。ぎゃくに王郎は強大

王莽の朝廷に就職し、尚書となる

耿純字伯山,巨鹿宋子人也。父艾,為王莽濟平尹。純學于長安,因除為納言士。

耿純は、あざなを伯山という。巨鹿郡の宋子県の人だ。

光武帝が、王郎になびく鉅鹿を攻めあぐねたとき、耿純は「鉅鹿の城攻めは、難しい。あきらめましょう」と云った。その耿純が、鉅鹿の出身者だったとは。どういう意図だろう?

耿純の父・耿艾は、莽新で済平尹となった。

済平とは、河北省の趙県の北らしい。鉅鹿周辺、地元だろう。
王莽のときの官位は、『漢書』と『後漢書』の列伝に、散りばめられている。馬援しかり。王莽の朝廷を、間接的に再現してみるのはアリかも?

耿純は長安で学んだ。納言の士となった。

李賢はいう。納言とは、漢室でいうところの尚書だ。
長安で学ぶのは、光武帝とおなじ。そのまま就職できたのは、光武帝とちがう。光武帝は劉氏だから、迫害されていました。父は早くに死んだし。


更始帝の将軍・李軼が、耿純に諌められる

王莽敗,更始立,使舞陰王李軼降諸郡國,純父艾降,還為濟南太守。

王莽がやぶれ、更始帝が立った。更始帝は、舞陰王の李軼に、もろもろの郡国を降伏させた。

更始帝は、光武帝をおくる前に、河北の平定に手をかけていた! 河北を任せたのは、異姓王の李軼。光武帝に挙兵をすすめた李通の兄弟。
劉玄(更始帝)伝にある。使與李軼、李通、王常等鎮撫關東。つうじる。

耿純の父・耿艾は、李軼にくだった。もとの濟南太守にもどった。

更始帝は、人事や官名を前漢にもどす方針だったと分かる。郡のトップの官名が「太守」にもどった。あとから光武帝も、官名などを前漢にもどした。光武帝の方針は、更始帝をマネたものだと分かる。


時李軼兄弟用事,專制方面,賓客遊說者甚眾。純連求謁不得通,久之乃得見,因說軼曰:「大王以龍虎之姿,遭風雲之時,奮迅拔起,期月之間兄弟稱王,而德信不聞於士民,功勞未施于百姓,寵祿暴興,此智者之所忌也。兢兢自危,猶懼不終,而況沛然自足,可以成功者乎?」

ときに李軼の兄弟は、この地方で、権力をほしいままにした。李軼のところに、賓客や遊説にくる人がおおい。耿純は、なかなか李軼に会えない。耿純は、やっと李軼に会った。
「李軼さまのご兄弟は、チャンスをつかみ、大王となりました。ですが万民に、李軼さまの徳信がとどいておりません。ご自分より、万民を優先すれば、もっと成功するでしょう」

にわかに成功した人に対する、典型的な戒めだ。内容が奇抜なのではなく、わざわざ口に出すことが、奇抜なのだ。逆恨みされるリスクもある。
ぼくの抄訳では落としてしまったが、『易経』や『史記』をパロッた発言。きっと李軼は、元ネタに気づかないだろう。笑


軼奇之,且以其巨鹿大姓,乃承制拜為騎都尉,授以節,令安集趙、魏。

李軼は、耿純の発言を、奇特だとした。
また、耿純が鉅鹿の大姓なので、李軼は耿純を騎都尉にした。耿純に節をさずけ、趙魏のあいだの豪族を帰順させた。

『後漢書』がロコツにあばいている。耳にいたい諫言に、感心したのではない。鉅鹿の大姓(大豪族)が、わざわざ会いにきたことを、李軼は利用した。諫言とは、よほど相手に関心がないと、できない。


光武帝に邯鄲を任されるが、王郎に追い出されて流浪

會世祖度河至邯鄲,純即謁見,世祖深接之。純退,見官屬將兵法度不與它將同,遂求自結納,獻馬及縑帛數百匹。

たまたま光武帝が、黄河をわたり、邯鄲にきた。耿純はすぐに光武帝と会った。

「すぐ」というのは、「即」です。スナワチと訓読すると、ニュアンスが分からなくなってしまう。
耿純は、つぎからつぎへと、面会に貪欲だ。王莽がたおれ、だれが正統か分からない。だれを頼るべきか、見極めている。河北の諸勢力は、みんな同じだろう。ちょっと評判があがれば、たちまち全員が帰順するかも?
王郎が、ほぼ一瞬で、幽州と冀州を味方につけたように。

光武帝は、耿純をていねいに接待した。耿純が見たところ光武帝は、更始帝のほかの将軍とちがい、軍紀がゆき届いている。耿純は、光武帝との結合をもとめ、馬と布をプレゼントした。

世祖北至中山,留純邯鄲。會王郎反,世祖自薊東南馳,純與從昆弟、宿、植共率宗族賓客二千餘人,老病者皆載木自隨,奉迎於育。

光武帝は北の中山にいった。耿純を、邯鄲にとどめた。

邯鄲は、趙魏の中心にある大都市。光武帝は、ひとつも戦わず、耿純をていねいに持てなすだけで、趙魏を平定してしまった。笑

王郎が、光武帝に叛いた。光武帝は、薊城から東南に馳せた。耿純は、宗族や賓客を2000余人ひきいて、光武帝と育県であわさった。

邯鄲をめぐって、耿純と王郎が争ったことになる。
王郎伝はいう。皇族の劉林が、趙国の豪族をつれて、邯鄲に入った。王郎は、前漢の成帝の子だと名のり、支持をえた。
光武帝が邯鄲に「仮置き」した鉅鹿の耿純より、地元・趙国を味方につけた王郎のほうが有利だ。今回も、ほぼ戦ってない。なだれ式に、主導権がうつるのだろう。混沌!

耿純が邯鄲を出るとき、老人や病人を木に載せた。

『左伝』にある。木とはヒツギのこと。老病の人は、死ぬことを視野に入れて(笑)ヒツギをスタンバイして、移動したんだと。なにそれ!
ともあれ、鉅鹿の耿純とその仲間たちは、邯鄲に1ミリの居場所もなくなったことが分かる。老病でも、出ていったのだから。


拜純為前將軍,封耿鄉侯,、宿、植皆偏將軍,使與純居前,降宋子,從攻下曲陽及中山。

光武帝は、耿純を前將軍にした。耿純の従弟たちを、みな偏将軍とした。耿純は宋子をくだし、下曲陽と中山の攻撃にしたがった。

耿純は、光武帝に味方したばかりに、居場所を失った。光武帝は、前将軍なんていうインフレした官位をプレゼントした。しかし光武帝は、根拠地がない。流浪の君主に、前将軍にしてもらっても、紙くずである。


光武帝に投資して、故郷の屋敷を焼き払う

是時,郡國多降邯鄲者,純恐宗家懷異心,乃使、宿歸燒其廬舍。世祖問純故,對曰:「竊見明公單車臨河北,非有府臧之蓄,重賞甘餌,可以聚人者也,徒以恩德懷之,是故士眾樂附。今邯鄲自立,北州疑惑,純雖舉族歸命,老弱在行,猶恐宗人賓客半有不同心者,故燔燒屋室,絕其反顧之望。」世祖漢息。

このとき郡国では、邯鄲の王郎にくだる人が多かった。
耿純は、宗族が王郎にしたがうのを恐れ、屋敷を焼かせた。

記述がないが、きっと故郷の鉅鹿を焼いたのだ。

光武帝は、耿純が屋敷を焼いたワケを聞いた。耿純は答えた。
「あなたは戦車1台だけで、河北にきました。あなたは、財産はもたず、賞与をバラまきませんただ恩徳だけで、河北を懐かせようとしています。いま王郎が邯鄲にいます。わたしの宗族が、王郎にしたがうのを避けるため、わざと退路を絶ちました」

光武帝が、兵数や金品や権力(任命権)の裏づけなしに、無謀な作戦をしていることが分かる。
ぼくは思う。光武帝は、更始帝のしたから、追放か逃亡と同じような立場で、河北にきたようです。兄の劉縯を殺されて、ジリ貧だ。
更始帝が王を封じたとき、光武帝は王にしてもらってない。異姓の李軼ですら、王になったときに。光武帝は、更始帝政権では、いないも同然だ。
李軼と光武帝の命令系統は、どうなっているんだろう? きっと李軼が、正式に河北の平定を請け負っている。光武帝は、ほぼ無視。

光武帝は感心して、ため息をついた。

次回、どうやって逆転するのでしょうか。つづく。

inserted by FC2 system