表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国志の前後関係を整理する

198年:呂布の死、瓚と術は瀕死

『資治通鑑』を訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

198年春夏:張繍の降伏、呂布が夏侯惇をやぶる

建安3年(198年)春正月、曹操は、張繍攻めを終えて、許にもどった。
3月、また張繍を攻めた。荀攸が云う。
「張繍は、劉表に食糧をもらっている。2人を切り離しなさい」
曹操は荀攸にしたがわず。曹操は、穣城を囲んだ。

夏4月、謁者僕射の裴茂をやり、関中の諸将・段ワイらに、李傕の三族を殺させた。段ワイを、安南将軍とした。

董卓の残党は、ここに壊滅した。らしいですよ。

はじめ袁紹は「天子を鄄城に移せ」と云った。曹操が、諸侯に号令するのが許せない。田豊が袁紹に、
「曹操が穣城を包囲しているうちに、許都を襲いましょう」
と云ったが、袁紹は聞かない。曹操は穣城の包囲を解いて、帰ってきた。聴衆が、追撃した。

5月、劉表は張繍をすくい、安衆にきた。荀彧は曹操に、今こそ勝てると云った。荀彧の云うとおりになった。賈詡が張繍に、戦術を教えてあげた。

曹操の軍師さまたちの詳細は、列伝を参照のこと。

呂布は、ふたたび袁術と通じた。中郎将の高順と、北地太守をつとめる雁門の張遼は、劉備を攻めた。曹操は夏侯惇に劉備を救わせたが、呂布に負けた。

呂布がコロコロ主君を変えるのは、彼のキャラのせいではない。食糧をくれる人を、頼っているだけではないか? 余分な財産を求めたら「利にさとい」と言われる。だが生きるための食糧を求めて、責められたら可哀想だ。


198年秋:曹操が、呂布に取りかかる

秋9月、高順らは沛城を破った。劉備の妻子をつかまえた。劉備は、単騎で曹操を頼った。曹操は、呂布を撃ちたい。みな反対した。後ろに劉表、張繍がいるからだ。
だが荀攸だけが、賛成した。
「張繍は、負けたばかり。動けない。呂布は強く、袁術を頼っている。淮水と泗水のあいだで、豪傑が呼応している。呂布は、夏侯惇に勝ったばかりで、味方たちの心を一致させられていない。勝てる」
泰山には、臧覇、孫観らがいる。みな呂布に従う。
曹操と劉備は、梁で合流した。彭城に到った。
陳宮は呂布に、移動したばかりの曹操を撃てと云った。呂布は「曹操を、泗水に引き込め」と云い、陳宮を聞かない。

呂布は、軍を動かす兵糧がなかったのではないか?


198年冬:呂布の死と、孫策の独立?

冬10月、曹操は彭城をほふった。広陵太守の陳登は、曹操の先駆けになった。下邳で、呂布と戦った。みずから呂布は、曹操と戦ったが、大敗した。下邳城にもどり、出撃しない。曹操は、降伏の禍福を、呂布に説いた。呂布は、降伏したい。陳宮は、城内外に兵を分けろと云った。
「呂布さんは出撃して、曹操の食糧の補給を絶ってください。わたし(陳宮)と高順は、下邳城を守ります」
呂布の妻が、陳宮に反対した。

「魏志」呂布伝で読める内容です。

ひそかに呂布は、官属の許汜と王楷を、袁術に送った。

陳宮が兗州で謀反したときの、初期メンバーだ。陳宮と一緒に(もしくは陳宮の部下として)袁術と結ぶ派だということが分かる。

呂布は、袁術との約束を守るため、娘を背負って脱出をはかった。射られたので、あきらめた。
河内太守の張楊は、呂布と仲がいい。しかし呂布を救えない。兵を東市に出すだけである。

11月、張楊は、部下の楊醜に殺された。楊醜は、曹操に応じた。別将の眭固は、楊醜を殺した。眭固は、袁紹に合流した。
曹操は、荀攸と郭嘉のアイディアで、泗水を下邳城に流しこんだ。呂布は曹操に「私は明公に降伏するのに、なんで私を困らせるか」と云った。陳宮は「逆賊の曹操が、なぜ明公なものか」と反論した。
呂布は捕らえられた。

呂布と陳宮の最期は、ご存知、呂布伝のとおり。

さきの尚書令の陳紀と、その子の陳羣は、呂布の軍中にいた。曹操は、陳羣を用いた。張遼は降伏し、中郎将となった。臧覇は隠れたが、曹操は探し出した。琅邪、東海を分けて、新しい郡を作った。臧覇たちは、太守な相に任命された。
はじめ曹操は兗州にいるとき、徐キュウと毛キは曹操に従った。兗州が謀反したとき、2人とも曹操から離れた。

省略。この2人のつづきは「魏志」臧覇伝にあるらしい。

陳登は、伏波将軍になった。

劉表と袁紹は、仲がいい。侍中の鄧羲は、劉表をいさめ、献帝を助けろと云った。長沙太守の張羨は、つよい。長沙の桓階は、長沙、零陵、桂陽の3郡で叛乱し、曹操に応じるよう説いた。

孫策は、正議校尉の張紘に、献帝へ貢献させた。孫策は、討逆将軍、呉侯となった。曹操の弟の娘を、孫匡に嫁がせた。曹彰は、孫賁の娘をめとった。孫堅と孫翊を辟召した。張紘は侍御史となった。
袁術は、周瑜を居巣長にした。臨淮の魯粛を、東城長にした。周瑜は、袁術に先がないことを知り、長江を渡った。孫策は、周瑜を建威中郎将にした。魯粛は、曲阿の家にかえった。
曹操は、王朗を召還した。孫策は、王朗を行かせた。王朗は、諌議大夫となり、司空の軍事に参与した。

袁術は、丹楊の宗帥・祖郎に印綬を与えた。祖郎に山越を動員させ、孫策、劉繇がにげた豫章を討たせた。

文意がよく分からん。袁術は孫策を討たせたのか? 「孫策が逃げこんだ豫章」「孫策が劉繇を追いこんだ豫章」なのかなあ。ここで翻訳は、なんだかよく分からんように、書いてあります。ダメだな。

太史慈は、丹楊太守を自称した。孫策は祖郎をつかまえた。孫策は、かつて祖郎に襲われたことを許した。孫策は、太史慈をつかまえた。
孫策は、祖郎と太史慈を前に置いて、道案内させた。

孫策が自立するとしたら、198年の冬だろうね。ここだ。

孫策は、豫章を攻撃した。劉繇は病死した。劉繇の兵は、豫章太守の華歆を、つぎのリーダーにした。孫策は太史慈に、華歆を説得にいかせた。孫策は、太史慈に云った。
「私は袁術の命令で、廬江を責めた。劉繇は、私のその行動を責めた。だがこれには事情があって、、」

「呉志」の太史慈伝を見たら、『江表伝』でした。訳すのが、急に面倒くさくなった。司馬光さんも、見境がない。笑

孫策は笑って、太史慈の手をにぎった。

袁紹は連年、公孫瓚を攻める。決着がつかない。公孫瓚は味方を救わないから、長史をつとめる太原の関靖が諌めた。公孫瓚は聞かない。公孫瓚は、弱体化しつつある。100521

inserted by FC2 system