表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国志の前後関係を整理する

197年:献帝が曹操におちつく

『資治通鑑』を訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

197年春:袁術が仲王朝をたてる

建安2年春正月、曹操は張繍を、イク水で討った。典韋と曹昂が死んだ。帰り道、于禁が青州兵の略奪を訴えた。曹操は許都で、反省した。

どの話か明白ですから、大幅に省略。

袁紹は曹操に、おごった手紙をよこした。荀彧は曹操に、袁紹より曹操が優れているところ、10コを教えた。だが曹操は、不安である。
「袁紹が関中から益州に回り込み、天下の6分の5を得てしまったら、どうしたらいいだろうか」
荀彧が提案し、鍾繇が、馬騰を手なずけることになった。

荀彧伝で読みました。ほぼ丸写しでしょうね。


袁術が寿春で、皇帝を名のった。仲家と称した。九江太守を、淮南尹とした。公卿百官をおいた。沛国相の陳珪は、陳球の弟の子だ。若いとき陳珪は、袁術と遊んだ。

どちらも三公の子弟である。はじめ袁術が、陳瑀を揚州刺史にしたことからも、袁氏と陳氏の仲のよさが分かる。しかも袁氏は、陳氏から分家したという建前である。仮想・本家筋として、親しみを覚えたのかも?

袁術は陳珪を召し、子を人質に取ろうとした。袁術は、陳珪が必ず来てくれると思ったが、陳珪は断った。
「曹操が漢室を助けています」

出典はどこだろう? ぜひ調べたい。

袁術はもと兗州刺史の金尚を、太尉にしようとした。金尚は逃げたから、袁術は金尚を殺した。

「曹陽で献帝が敗れた」は誤報だったが、かなり真実味を持って、袁術に伝えられたのでは? 袁術は、引き返せなくなったのでは?


3月、将作大匠の孔融に節を持たせた。袁紹を大将軍とし、河北の4州を都督させた。

197年夏:袁術が呂布に敗れる

5月、いなごあり。
袁術は韓胤を遣わし、呂布に建国を伝えた。陳珪は、呂布を説得して、袁術に反対させた。呂布は、韓胤の首を、曹操に送った。陳珪の子・陳登は、曹操を訪ねた。陳珪と陳登は昇進したが、呂布は曹操から、徐州牧にしてもらえなかった。呂布は陳珪たちに怒った。陳珪は、呂布をトラやタカに例えて、言い訳した。

「魏志」呂布伝にあったことです。

袁術は、張勲と橋ズイらに、韓暹と楊奉に呼応させて、歩騎を数万で、下邳に向かった。7道から呂布を攻めた。陳珪は、呂布に云う。
「韓暹と楊奉は、にわかに結んだだけです。鶏の群れです」

韓暹と楊奉が献帝のそばにいるとき、つながりは、なかっただろう。

呂布が勝ち、韓暹と楊奉の軍を合わせた。呂布は、寿春を水陸から攻めた。鍾離に到った。淮北で盗み、袁術を手紙で辱めた。みずから袁術は5000で淮水を北上した。呂布の騎兵は、淮水の北側にいて、袁術を笑って帰った。

呂布は騎馬で、袁術は水軍が多かったのだろう。戦えない。笑


泰山の賊のリーダー臧覇は、琅邪相のショウ建をリョで攻めた。臧覇は、ショウ建の物資を奪った。臧覇は、呂布に物資を送った。物資を送る前、呂布がみずから、もらいに行くと云い出した。高順がいさめた。呂布は高順の忠誠を、知っていた。

呂布と高順の関係は、「魏志」呂布伝の写し。


曹操は、議郎の王フをやり、孫策を騎都尉にした。烏程侯をつがせ、会稽太守とした。曹操は、呂布と呉郡太守の陳瑀に、袁術を討たせたい。孫策に重みを持たせるため、明漢将軍とした。孫策の軍装はととのい、銭唐にきた。陳瑀はひそかに、孫策を襲おうと考え、ひそかに祖郎と厳白虎らと結び、内応を約束した。

祖郎も厳白虎も、孫策が組み込んだ現地勢力だね。
陳瑀は、下邳の陳氏だから、袁術の敵である。その陳瑀が孫策を襲うのは、不自然だ。まだ孫策が袁術の部将ということでは? 曹操に、官位を与えられているが。

孫策は、陳瑀を見抜いた。呂範と徐逸に、海西で陳瑀を攻めさせた。陳瑀は単騎で、袁紹ににげた。

はじめ陳王の劉寵は、弩がうまく、黄巾を治めた。会稽の駱統が、国相である。劉寵は、輔漢大将軍を名のった。袁術から兵糧をくれと云われ、断ったから袁術に殺された。

『後漢書』の劉寵伝を、前やりました。司馬光は、写してる。


197年秋:袁術のネガティブキャンペン

9月、司空の曹操は、袁術を東に攻めた。袁術は、橋ズイをキン陽にとどめて、逃げた。曹操は橋ズイらを、すべて斬った。袁術は淮水を渡った。このとき日照りで、不作の歳である。袁術は食糧が手に入らず、衰えた。
曹操は、陳国の何夔を、司空掾とした。曹操は何夔に、袁術をどうすべきかと聞いた。
「袁術は信も順もなく、天に見放されました」
何夔は、いつでも自殺する覚悟で、職務に当たった。

袁術の旧領土から、曹操が発掘した人材。何夔伝を読むべし。

沛国の許褚は、宗族を集めて、籠もっていた。淮水と汝水、陳国と梁国のあたりにいた。曹操は「わが樊カイ」と、許褚をリクルートした。

許褚が抵抗していた「外寇」は袁術だと。面白い!


もと太尉の楊彪は、袁術と婚姻を結んでいる。子の楊修は、袁術の甥である。曹操はこれを悪み、楊彪が皇帝を取り替えようとしたとして、大逆の罪で、獄に下した。孔融は曹操にあい、楊彪を弁護した。
「楊彪は、4世にわたり清徳です。周書によれば、父子兄弟の罪は、およびません。袁氏と楊氏は他人です。罪がおよぶわけがない」
曹操は「これは国家(献帝)の意向だ」という。

孔融の反論は、崔琰伝の裴注にあるようです。

満寵は、楊彪を捕らえた。荀彧が叱ったので、満寵はその日のうちに、楊彪を釈放した。

馬日磾の喪が、京師にきた。朝廷は礼を加えようとした。孔融が、反対した。孔融の意見が通った。金尚の喪も、京師にきた。とむらい、金尚の子の金イを郎中とした。

あとから曹操に背く人じゃなかったっけ。


197年冬:韓暹と楊奉が片づく

冬11月、曹操は張繍を攻めた。湖陽をぬいた。劉表の部将・鄧済を、舞陰で攻めた。
韓暹と楊奉は、下邳にいる。揚州と徐州のあいだで、略奪した。呂布にことわり、荊州に行きたいと云った。呂布は、許さなかった。楊奉は、劉備と呂布が不仲だと聞き、劉備にこっそり同盟を打診した。劉備はいつわって、楊奉にOKした。楊奉は兵をつれて、劉備のいる小沛を訪ねた。劉備は楊奉を入城させ、食事中に楊奉をしばった。韓暹は、楊奉を失ったので、10余騎で并州にむかった。韓暹は、ジョ秋令の張宣に殺された。

劉備は、曹操の部将である。劉備のタヌキぶりは、後日考えたい。

胡才と李楽は、河東にいた。胡才は怨みをもつ人に殺された。李楽は病死した。郭汜は、部将の伍習に殺された。

「魏志」董卓伝の最後あたりです。時期は、ここか。


潁川の杜襲、趙𠑊、繁欽は、荊州に逃げた。劉表と気が合わず、曹操のところに移った。100521

北方に袁紹を頼らず、いちはやく曹操に従わず、袁術にも仕えず、様子を見ていた人たちかな。袁術と、潁川や汝南の名士の関係が気になる。参考になるかな。杜襲伝や趙𠑊伝を見るべし。ちくま訳、4冊目です。

inserted by FC2 system