表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国志の前後関係を整理する

192年春夏:董卓、王允、李傕

『資治通鑑』を訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

192年春:界橋と青州黄巾

初平三年(192年)春正月丁丑、天下を大赦。
董卓は牛輔に陜を守らせ、校尉をつとめる北地の李傕、張エキの郭汜、武威の張済に、数万を与えた。李傕たちは、朱儁を中牟でやぶった。陳留や潁川の諸県で、殺戮した。
荀淑の孫・荀彧は、何顒に「王佐の才」の云われた人だ。荀彧は、故郷の父老に、逃亡を呼びかけた。父老は荀彧を聞かない。荀彧は、宗族だけをつれて、韓馥をたよった。袁紹が韓馥から、冀州牧をうばった。袁紹は荀彧を厚遇したが、曹操のもとに行った。曹操は荀彧を「わが子房」とむかえた。荀彧は奮武司馬となった。荀彧の故郷にのこった人は、李傕と郭汜らに多く殺された。

袁紹は出て、公孫瓚を界橋の南20里で防いだ。公孫瓚は3万。袁紹は、麹義に800を与えた。麹義は、公孫瓚を破った。

戦いの経緯は、袁紹伝や公孫瓚伝を見ればよし。

公孫瓚が任命した、冀州刺史の厳綱が斬られた。袁紹は、千以上の首をとった。公孫瓚は本陣を攻められ、牙門の旗までうばわれ、みな敗走した。

はじめ兗州刺史の劉岱は、袁紹と公孫瓚と、連和した。袁紹は妻子を、劉岱にあずけた。公孫瓚は、従事の范方をおくり、騎兵で劉岱を助けた。公孫瓚が袁紹をやぶると、公孫瓚は劉岱に「袁紹の妻子をよこせ」と云った。公孫瓚は范方に「もし劉岱が、袁紹の妻子をよこさなければ、帰ってこい。袁紹のつぎに、劉岱を滅ぼすのだ」と命じた。
劉岱は、決められない。東郡の程昱が、劉岱にこたえた。
「公孫瓚を頼ってはいけない。袁紹をすて、公孫瓚とむすんでも、公孫瓚は領地が遠いから、劉岱さまを助けにこれません。いま袁紹軍は破れましたが、巻き返し、ぎゃくに公孫瓚を捕らえるでしょう」
程昱の云うとおりになった。いまだ范方が帰るまえに、公孫瓚が袁紹にやぶれた。

曹操は頓丘にいる。于毒らは、東武陽を攻めた。曹操は魏郡の西山で、于毒の本拠をうった。諸将は、武陽を救えと云った。曹操は云った。
「于毒は、オレが西山を攻めたと聞けば、東武陽の包囲を解く」

魏を囲んで、趙を救う、というやつ。

曹操のねらいは当たった。曹操は、眭固と匈奴の於夫羅を、魏郡の内黄で大いにやぶった。

董卓は、弟の董旻を左将軍にした。兄の子の董コウを、中軍校尉にした。董卓は天子の服装をまねた。三台(尚書、御史、符節)は董卓に呼びつけられ、みな董卓に判断をあおいだ。ビオを築き、30年の食糧をたくわえた。「もし天下をとれなくても、籠もって生活できるぞ」
董卓の殺害が計画されたえ。メンバーは、司徒の王允と、司隷校尉の黄琬と、僕射の士孫瑞と、尚書の楊瓚だ。中郎将の呂布を、王允が味方につけた。

呂布の紹介、王允との接触は、呂布伝参照。


192年夏4月:董卓を殺す

夏4月辛巳、献帝の病気が治った祝いが、未央殿であった。呂布と同郡で騎都尉とつとめる李粛は、衛兵を武装させて、10余人ならべた。董卓を斬った。弟の董旻や董コウら、董卓の宗族は、老若にかかわらず、ビオにいて殺された。董卓のへそは、数日燃えた。袁氏の門生は、董卓のしかばねに集まった。灰を道路にぶちまけた。ビオの財宝は、山のようだった。
王允は尚書の仕事を管轄した。呂布を奮威将軍として、仮節を与え、三公に比し、温侯にふうじた。

温県とは、河内郡だ。司馬懿のふるさと?

王允と呂布は、朝廷をにぎった。王允は、蔡邕を殺した。
「刺青して足を折り、私に漢の歴史を書かせてください」
「前漢の武帝は、司馬遷を殺さないから、悪口を書かれてしまった」
馬日磾は、蔡邕を助命した。かなわず。

蔡邕の死に様は、各人の列伝を参照。


董卓の暗殺計画は、ほかにもあった。黄門侍郎の荀攸、尚書の鄭泰、侍中のチュウショウらだ。荀攸は投獄されても、平気だった。鄭泰は、袁術のところに逃げた。

鄭泰は河南郡の人。『後漢書』に列伝あり。袁術を頼ったという1点に興味をもちました。そのうち、列伝を読みます。


青州の黄巾が、兗州を攻めた。兗州牧の劉岱を、済南相の鮑信がとめた。劉岱は、黄巾に殺された。

止めたセリフは、武帝紀にありますね。きっと。

曹操の部将、東郡の陳宮は、曹操に兗州をすすめた。鮑信は、州吏の萬潜らと東郡にきた。曹操を兗州刺史にむかえた。曹操は、寿張の東で黄巾と戦った。鮑信が戦死したので、そっくりに木像をつくった。京兆の金尚が、長安の朝廷から、兗州刺史に赴任した。曹操は、金尚を追い返した。金尚は、袁術ににげた。

192年夏5月:長安の并州政権がかたむく

5月、征西将軍の皇甫嵩を、車騎将軍とした。
王允は、呂布をただの剣客としてしか、扱わない。呂布は、董卓を斬った功績をほこり、王允と対立した。
士孫瑞は「皇甫嵩に、涼州兵を任せましょう」と云った。王允は、涼州兵を殺せという。呂布は李粛をやり、牛輔と戦わせた。李粛は負けて、弘農に逃げた。呂布は、李粛を殺した。牛輔は、部下に殺された。李傕は、王允にゆるしを請うた。王允は、ゆるさず。
討虜校尉をつとめる武威郡の賈詡は、李傕に長安を攻めろとアドバイスした。長安をまもる呂布は、蜀兵にそむかれた。

賈詡伝、董卓伝、呂布伝あたりからの切り貼り。


192年夏6月:李傕の朝廷のはじまり

6月戊午、李傕は長安で呂布と戦った。李傕は、太僕の魯キ、大コウロの周奐、城門校尉の崔烈、越騎校尉の王キらを殺した。王允は献帝をつれて、宣平門へ。李傕は、献帝をえた。

細かい経緯は、省略します。

己未、李傕は天下を大赦。李傕は揚武将軍、郭汜は揚烈将軍。樊稠らは、みな中郎将となった。李傕は、司隷校尉の黄琬を殺した。
はじめ王允は、同郡出身だから、宋翼を左ヒョウヨクにした。王宏を右扶風にした。2人は逃げ出す相談をしたが、李傕の徴発に応じた。

相談の内容が面白い。宋翼と王宏を要チェック。

甲子、李傕は、王允、宋翼、王宏を殺した。
「わたくし宋翼は、儒者のガキです。大計は分かりません」
李傕は、王允の死体を市にさらした。王允の故吏で、平陵令をつとめる、京兆の張シンは、官位をすてて王允を葬った。
士孫瑞は、董卓を討つ手柄があったのに、官位につかなかった。だから、李傕に殺されなかった。
李傕は、賈詡を左ヒョウヨクにしたい。賈詡はことわった。尚書僕射もことわった。賈詡は、尚書についた。

呂布は武関からにげ、南陽の袁術をたよった。袁術は、呂布をとても厚く待遇した。 だが呂布がおごったので、袁術はジャマに思った。呂布は、河内の張楊を頼った。李傕は、呂布に懸賞金をかけた。呂布は、袁紹をたよった。

丙子、前将軍の趙謙が、司徒になった。秋につづきます。

inserted by FC2 system