表紙 > 漢文和訳 > 『資治通鑑』を翻訳し、三国志の前後関係を整理する

190年春:曹操が徐栄に敗れる

『資治通鑑』を訳します。
内容はほぼ網羅しますが、平易な日本語に置き換えます。

190年1月:劉弁が、李儒に殺された

初平元年、春正月、関東が挙兵した。渤海太守の袁紹は、車騎将軍を自称し、 官位をまいた。

袁紹が官位を発行したとは!

袁紹と、河内太守の王匡は、河内にいる。冀州牧の韓馥は、鄴にのこって兵糧を送る。豫州刺史の孔チュウは、潁川にいる。兗州刺史の劉岱と、陳留太守の張邈と、張邈の弟で広陵太守の張超と、東郡太守の橋瑁と、山陽太守の袁遺と、済北相の鮑信と、無官の曹操は、酸棗にいる。後将軍の袁術は、魯陽にいる。それぞれ数万。
袁紹と鮑信だけが、曹操を信任した。曹操は云った。
「皇帝を取り替えた董卓は、強くても必ず負けるのだ」

辛亥、大赦した。
癸酉、董卓は郎中令の李儒に命じて、劉弁を殺させた。

劉弁が、関東の諸侯にかつがれるのを防いだ。

董卓は、山東の諸侯を討つと云った。尚書の鄭泰が云った。
「わざわざ董卓さんが、山東を攻める必要はない。袁紹は都育ちで軟弱だ。張邈はビジョンがない。孔チュウは、口だけ。山東の諸侯は、みな軍事が不得意だ。西方で鍛えた、董卓さんとは違う。山東は戦さに不慣れで、山西は羌胡と戦ってきた。婦女でも、弓を引ける。戦うまでもなく、勝敗は決する」
董卓は、鄭泰を悦んだ。

鄭泰の真意はどこだろう? 戦さを避けた?


董卓は、遷都を云った。公卿は、反対できない。河南尹の朱儁を太僕とした。 朱儁を副相国とした。朱儁は、董卓に反対した。董卓は、遷都をゴリ押した。
「劉邦が長安に都してから、11世。劉秀が洛陽に都してから、11世。石包讖によれば、長安に移せとある」
司徒の楊彪が、反対した。
「長安は、王莽が荒らした。光武帝が洛陽にうつして、百姓は落ちついた。怪しげな予言書にもとづき、都を移してはいけない」
董卓が云った。
隴右は、材木が豊富だ。前漢の武帝がつくった、建物もある」
太尉の黄琬と、司空の荀爽がなだめた。

このときの議論の詳細は、はぶきました。それぞれの列伝参照。


190年2月:劉協が、洛陽を出発!

2月、乙亥、董卓は黄琬と楊彪をやめさせた。光禄勲の趙謙を太尉に、太僕の王允を司徒にした。城門校尉の伍瓊と、督軍校尉の周ヒツは、董卓をいさめた。董卓は怒った。
「お前らが推薦した人が、関東で叛乱したぞ」
庚辰、伍瓊と周ヒツを斬れと命じた。楊彪と黄琬は、董卓に謝った。伍瓊と周ヒツは上表して、楊彪と黄琬を、光禄大夫に戻した。

伍瓊と周ヒツは、殺されかけても、他人を推薦する。笑


董卓は、京兆尹の蓋勲を議郎にした。
ときに左将軍の皇甫嵩は、3万をひきいて扶風郡にいる。蓋勲はひそかに皇甫嵩とはかり、董卓を殺そうとした。

皇甫嵩が動けば、董卓は東西から挟み撃ち!

董卓は、皇甫嵩を城門校尉に召した。皇甫嵩の長史の梁衍は、皇甫嵩に云った。
「董卓は長安に移ろうとしています。皇甫嵩さまが、劉協を手に入れましょう。関東の諸侯と結べば、董卓を討つことができます」
皇甫嵩は梁衍を聞かず、洛陽に召された。

皇甫嵩は、閻忠に「皇帝になれ」と云われて、断った。いま董卓を討てと云われて、断った。なぜチャンスを逃すのか、分からん。もし忠臣ならば、閻忠は断っても、いま梁衍を断ってはダメだろう。

蓋勲は、皇甫嵩ぬきでは勝てないので、洛陽にもどった。董卓は、蓋勲を越騎校尉にした。河南尹の朱儁は、董卓の軍事にアドバイスをした。董卓は、朱儁のアドバイスをさえぎった。蓋勲は、董卓に云った。
「むかし殷王の武丁ですら、アドバイスを聞いたものです。董卓さんは、どうして朱儁さまのアドバイスを、退けるのですか」
董卓は、朱儁に謝った。
董卓は陽城で、村祭をおそった。男の首を車につなぎ、女を持ち帰った。焼き払った。

丁亥、劉協は西に出発した。富豪に罪をあたえ、財産を没収した。数万口の家が移った。呂布は、後漢皇帝の陵墓をほった。洛陽を焼いた。

細かい描写は省略。董卓は、ひどいなあ、と。


3月:袁術と孫堅が南陽に拠り、曹操が突っこむ

3月乙巳、劉協は長安に入った。京兆府舎に泊まった。

1ヶ月でついた。けっこう早いようだ。

董卓は、皇帝のように政治をした。

戊午、董卓は、大夫の袁隗と、太僕の袁基を殺した。袁氏につらなる50余人が殺された。袁紹の挙兵が、原因である。

袁隗たちは、殺されるとも知らず、遷都に同行してた。
袁氏のカタキを討つため、次の行から、孫堅が動き出す!


はじめ荊州刺史の王叡は、長沙太守の孫堅とともに、零陵と桂陽の賊をうった。孫堅は武官だから、王叡は孫堅を軽んじた。董卓を討つ兵が、起きた。
ふだん王叡は、武陵太守の曹寅と仲がわるい。曹寅は、王叡に殺されるのを懼れた。曹寅は「王叡に罪がある」と、孫堅に云いつけた。孫堅は王叡に「軍資をもらいにきた」と云い、入城した。孫堅は、王叡の罪を責めた。
王叡「私にどんな罪があるか」
孫堅「知ったことか」
王叡は、孫堅に迫られて、金を削って自殺した。
孫堅は、南陽太守の張咨を斬った。郡中は孫堅をおそれた。孫堅は魯陽で、袁術と合流した。袁術は、南陽を手に入れた。
袁術は上表し、孫堅を破虜将軍、豫州刺史とした。

袁紹が、官位を発行している。袁術も、自分でやりましたね。
のちに袁術は僭号したが、袁紹だって同じことをした。


詔して、北軍中候の劉表を、荊州刺史とした。賊により、道がふさがった。劉表は、単騎で宜城に入った。

宜城は南郡にある。恵帝3年、宜城と改名された。

劉表は、カイ越とカイ良に相談した。
江南の宗賊がさかんで、袁術についている。私が荊州を治めるにも、兵が集まらない」

袁術は、於夫羅を従え、長江の民を従えた。この威光はどこから?
袁紹や曹操や孫権は、異民族を討っただけなのに。

カイ良は云った。「仁義が大切だ」
カイ越は云った。
「袁術は、驕っている。謀略がない。宗賊は、袁術とゼイタクを貪っているだけだ。袁術の無道ぶりを討てば、人は集まる。兵が増えたら、南は江陵、北は襄陽に拠りなさい。荊州の8州は、劉表さんが治められるでしょう」
劉表は、宗賊55人を集めて、みな斬った。

袁術は、国庫を食いつぶすバカだとされる。しかしゼイタクは、支持を得る力にもなる。政治が不安定なら、頼るのは財物のみ。
劉表が宗賊を招き、みなが応じたのは、ゼイタクを楽しみに来たからだろうね。袁術も、同じように宗賊を接待していたに違いない。だから宗賊たちは、劉表に釣られた。

劉表は襄陽を、州治とした。荊州南方を平定した。

董卓は洛陽にいる。関東の諸侯は、董卓を恐れた。

献帝がいて、袁隗が殺された長安に、董卓はいない。

曹操が諸侯をなじり、西の成コウにいった。張邈は、部将の衛ジをつかわし、栄陽のベン水に進んだ。董卓の部将、玄トの徐栄は、曹操と戦った。曹操は、矢を受けた。従弟の曹洪は、曹操を逃がした。徐栄は、酸棗が攻めにくいから、追撃をあきらめた。
酸棗の諸侯は、10余万。宴会した。曹操は諸侯に云った。
「袁紹は河内の兵を率い、孟津へ。酸棗の諸将は、成コウを守り、ゴウ倉に拠り、ケンエン大谷を塞ぐ。袁術は南陽から、武関にはいる。これで董卓を倒せる。手をこまねくのは、諸侯の恥である」
曹操は、司馬の夏侯惇と、揚州で1000余人をあつめ、河内に屯した。
酸棗の諸侯は、食糧がつきた。劉岱が、橋瑁を殺した。劉岱は、王肱を、橋瑁の代わりに東郡太守にした。
青州刺史の焦和は、董卓を討つ兵をあげ、袁紹に賛同した。だが青州は、焦和を支持しない。焦和が黄河をわたると、青州黄巾が沸いた。焦和は病死した。袁紹は、広陵の臧洪に、青州刺史をまかせた。臧洪は、青州黄巾をしずめた。

inserted by FC2 system