西嶋定生『中国史を学ぶということ』の要約  
  いつか書きたい『三国志』  
  1 日本の歴史と東アジア世界  
  一 なぜ日本史を世界史として理解することが必要か  
  1 日本史を世界史的にみるとはどういうことか  
  日本史の理解  
  ある教師曰く: 高校教育の課題は、模範とすべき民主主義を学ぶこと  
  東洋史は不要、近代以後のヨーロッパ史を詳細に  
  ⇒ 日本の近代化・民主化は、ヨーロッパ近代史に接続  
  戦後日本史の2つの課題  
  @ 歴史事実を客観的に認識  
  戦前の国粋主義、万邦無比の歴史はダメ  
  A 歴史発展の法則を、事実に見出す  
  戦後、奴隷制、封建的農奴制、近代資本制を論じた  
  国粋主義の否定には効果あり  
  特殊で具体的な事実関係を、法則に当てはめて見逃すな  
  ⇒ 前近代のアジア史、近代のヨーロッパ史も個別に理解せよ  
  古代日本文化と東アジア  
  高校世界史は、戦前の東洋史+西洋史  
  日本史の孤立的な自己完結性を意識させる  
  地球を一括する世界史でなく、並存する「諸世界」の歴史を知れ  
  近代以前は、東アジア世界は完結、古代日本は東アジア世界の一部  
  ほかに、地中海世界、イスラム世界、ヨーロッパ世界  
   
  2 東アジア世界と日本国家の形成とはどのような関係があるか  
  倭国と漢帝国  
  日本国家の形成は、東アジア世界といかに密着したか  
  紀元前108、前漢の武帝が朝鮮国を滅ぼし、楽浪ら4郡を設置  
  『漢書』楽浪海中に倭人あり: 朝貢開始、最古の日本の記録  
  ⇒ 中国への朝貢は、日本内で権威を高めるため  
  光武帝より「漢委奴国王」  
  和帝のとき、倭国王の師升が生口160人  
  桓帝と霊帝のとき、倭国大乱  
  ⇒ 後ろ盾・後漢帝国が権威を失ったため  
  倭国と漢帝国  
  卑弥呼は、初めて王号を与えられた  
  ⇒ 中国から、政治的・文化的な規制 (礼制に従う)  
  狗奴国と紛争が終わると、詔書  
  卑弥呼が死ぬと、中国の礼制で葬る  
  ⇒ 古墳の築造が始まる理由?  
  冊封体制からの離脱  
  313、高句麗が楽浪郡を滅ぼす  
  日本の冊封が断絶  
  倭の五王が南朝宋に朝貢するのは、高句麗に対抗し、南朝鮮を支配するため  
  5世紀末から100年間、倭国と中国が断絶  
  「治天下大王」として、倭国政権が中国中心の世界から離脱  
  7世紀初頭に遣隋使  
  中国を中心とした「天下」を、日本列島に模倣  
   
  3 東アジア世界の推移と日本文化の形成とはどのように関係するか  
  日本史の特性  
  @ 東アジア世界のなかで日本は、どのような文化的特性を持つか  
  漢字の使用 (中国、朝鮮、ベトナムに共通)  
  A なぜ日本は、東アジア世界にあるのに、独特の文化的特性を持つか  
  和歌、俳句、茶の湯、生け花  
  地域的小「世界」  
  東アジア世界は、10世紀に解体、再生した  
   
  4 東アジア世界のなかにおける中国史の位置とは  
  中国史の位置  
  東アジア世界は、漢字文化圏  
  漢字は、冊封体制(国際的な政治機構)で伝播した  
  中国史を学ぶ目的は2つ  
  @ 現代中国を理解する  
  A 日本史を世界史的に理解するため  
   
  二 中国史を学ぶということ ―とくに日本史との関連において―  
  1 中国史を学ぶことの意味  
  歴史を学ぶ目的  
  マロリー「そこに山がある、だから登るのだ」  
  「そこに歴史がある、だから学ぶのだ」ではない  
  未来を志向する人が、過去に眼を向ける実践的な行為  
  自己が負荷する歴史を知り、自己がいかなる存在か知る  
  中国史を学ぶ立場  
  立場は?  
  × 神の前に普遍化された人類、自然科学的に抽象化された人類  
  社会内部の矛盾、民族や国家の分立の矛盾に直面し、  
  矛盾を超克しようとする、具体的な存在としての人類  
  誰が何のために中国史を学ぶか、立場を限定  
  ⇒ 日本民族の形成と展開が、いかに中国史と関連するか  
    対象は、前近代に限る  
  2 交渉史的関心と比較史的関心  
  交渉史の対象としての中国史  
  日中には、支配従属関係が永続しない  
  古代: 遣隋使や遣唐使の往復、留学生の派遣  
  中世: 日宋貿易や日明貿易  
  中国文化の供給源  
  ただし招来した後、独自の文化にアレンジされた  
  ⇒ 日本史の研究分野として、中国史が主役にならない  
  比較史の対象としての中国史  
  社会の相違  
  律令史の研究 (均田法と班田収授法)  
  中世、日本は地方分権的な封建性が成熟するが、  
  中国はふたたび官僚制的な中央集権的君主支配が復活  
  日本:中国:インド = 独立国:半植民地:植民地  
  日本史を、大陸から隔絶させ、自己完結させる捉え方  
  ⇒ 日本史の比較対象として、中国を選択&限定する必要がない  
    (古代ギリシャやローマ、中世ヨーロッパの方が面白い?)  
   
  3 世界史的観点の導入  
  座標軸の設定  
  交渉史、比較史ではない視座  
  19世紀ヨーロッパが進出し、地球一括の世界が形成される前の世界  
  近代以前の諸世界  
  古代オリエント、ギリシャローマの地中海、ヨーロッパ、南アジア、イスラムなど  
  諸種の民族を包含  
  同一の文化源や政治をもつ、自己完結した価値体系  
  同時に並存しない  
  消滅したオリエントや地中海、近代に接続したヨーロッパ  
   
  三 東アジア世界の成立と展開  
  1 東アジア世界の設定  
  漢字文化、律令制、儒教、漢訳仏教  
  中国、朝鮮半島、日本、ベトナム  
  (各国の独自性を、共通点のなかに解消してはいけない)  
  2 政治構造としての東アジア世界  
  漢字の特性、伝播  
  漢字は、それぞれ固有の字形、固有の音、固有の意味をもつ  
  言語構造の違う、日本語を表現できない  
  下賜された金印、邪馬台国への詔書や檄文を読むために、  
  日本人が漢字を勉強したはず ←東アジア世界の一員である証拠  
  (万葉仮名など、日本語への利用は、二次的なもの)  
  国際的政治圏としての東アジア  
  「文化は、高い地域から低い地域へ流れる」は間違い  
  後進地域も、固有文化を持つ  
  後進地域(例:日本)は、自ら判断して、先進文化(例:中国)を受容したはず  
  政治機構のニーズ  
   
  3 東アジア世界の成立条件  
  中華思想とは何か  
  華夷思想: 礼の規範を備えるかで、華夷を区分  
  王化思想: 聖人の徳が、夷狄を帰化させる  
  儒教の国教化  
  儒教は王道を主張、儒教は皇帝を説明できない  
  紀元前1世紀後半に国教化  
  王莽が完成、清朝まで国家祭祀の伝統となる (王莽の再評価を要す)  
  封建制と郡県制  
  前漢の郡国制により、国外の異民族国家の首長を、王侯に封じて、  
  君臣関係を結ぶスタイルが可能になった (秦の郡県制では不可)  
  朝鮮国、南越国  
  前漢の武帝が、「外臣としての約束に背いた」ので討伐、郡県に編入  
  紀元前後に、冊封体制が完成  
  高句麗国、夜郎国、テン国  
  前漢後期に王となる  
  57年、「漢委奴国王」に金印  
  敵国関係と姻戚関係  
  匈奴は「匹敵する礼」  
  西北は、親族関係  
  中国皇帝が父で、突厥は子  
  中国皇帝が舅で、ウイグルは甥  
   
  5 東アジア世界の展開  
  冊封体制からの離脱  
  5世紀、中国の南北朝時代、東アジアは中心点が2つ  
  隋の統一で、高句麗、百済、新羅は臣となる  
  日本は対等な立場を主張: 貢物のみで、官位や爵号をもらわず  
  一元的冊封体制の回復  
  隋3回の高句麗出兵は、冊封関係の義務を果たさないから  
  唐は、百済と高句麗を滅ぼし、日本は白村江で敗北  
  8世紀、渤海国が唐の冊封を受ける (唐が渤海王に封じたのが起源)  
   
  6 東アジア世界の解体と再編  
  古代東アジア世界の崩壊  
  10世紀の唐滅亡で、東アジア世界が解体  
  新羅から高麗へ  
  渤海は、契丹に滅ぼされる  
  契丹は、中国の後晋を臣属させた  
  平将門の乱  
  諸民族文化の出現  
  日本の国風文化、契丹文字、西夏文字  
  漢字文化圏の共通性が変わる  
  交易圏としての東アジア  
  宋は二年三毛作した、経済的に発展した王朝  
  東南アジアやアラビアとの交易開始  
  ⇒ 政治でなく経済の「東アジア世界」に再編  
  平清盛の大輪田泊、倭寇、日明貿易へ  
   
  トップページに戻る  
                                       
inserted by FC2 system