満田剛『三国志 正史と小説の狭間』の第1章レジュメ
  いつか書きたい『三国志』
  【目的】
  史学史の面白さに、一歩踏み込む
  歴史書に書いてある中身でなく、歴史書そのものを知識欲の対象とする
 
  「同時代史」の歴史書
  陳寿
  あざなは承ソ、233〜297
  『晋書』巻82、『華陽国志』巻11に列伝
  巴西郡安漢県の人、譙周の弟子
  『尚書』、『春秋』三伝を学び、『史記』と『漢書』も学ぶ
  三伝: 左氏伝、公羊伝、穀梁伝
  『尚書』は、名前しかぼくは知らんので、調べねば
  著作は『古国志』、『益部キ旧伝』
  『三国志』
  280年〜284年に書いた
  『華陽国志』より
  @ 三国時代が終わった直後に書き始めた
  A 4年以内という短い期間で編纂
  B 魏を正統とする
  王朝でなく、自分自身でまとめた
  西晋に阿諛している
  『諸葛亮集』を編纂したときの上表文より
  『諸葛亮集』の上表文や、本文?を見たことがない・・・読まねば!
  歴史書は、支配の正統性を示す、宣伝の道具
  司馬昭の皇帝殺害を書けない
  曹髦は「崩」でなく、「卒」した
  曹髦の優秀さを示し、結末に唐突に「卒」する
  普通の死に方でないと、推定できる
  魏晋の公式見解
  曹髦が皇太后を殺害して、出撃
  司馬昭を捕えようとして、返り討ちにあった
  記述できない諸事情を、微妙は表現で、記録に残す
  小説的描写が少ない
  本田済の指摘
  逸話の形式は、同時代者の反感を買うから、控えねばならん
  陳寿が簡潔な理由は、彼が慎重な客観主義者だったから、だけでない
  逸話だと、ロコツに批判めいてしまうからね、、なるほど!
 
  「蜀漢は正統であるか?」陳寿の情念と三国のランキング
  魏の君主の呼称
  陳寿の『魏志』
  曹操
  はじめ「太祖」
  196年、大将軍となってから「公」
  216年、魏王になってから「王」
  曹丕〜
  皇帝になってから「帝」、まれに「上」
  曹芳の廃位後、曹髦の即位前は、「公」
  裴松之
  陳寿にならう
  原文のママでなく、陳寿に合わせて、呼称を変更
  『魏志』で、劉氏と孫氏は、名指し
  鍾会伝の布告で、「益州の先主」と言うのみ
  陳寿の意志でなく、原文の引用
  きっと「前の統治者」という一般名詞だろうね
 
  呉の君主の呼称
  陳寿の『呉志』
  孫権、孫亮、孫休、孫皓は名指し
  魏の君主より、明らかに扱いが低い
  『呉志』で、劉氏は名指し
  曹操は「曹公」、曹丕は「魏文帝」、曹叡は「魏明帝」
  発言や令を引用するときは「曹操」と名指しする
 
  蜀の君主の呼称
  陳寿の『蜀志』
  劉備を「先主」、劉禅を「後主」
  魏のように「帝」でなく、呉のように呼び捨てでもない
  呉よりランクが上
  『蜀志』で、孫権は名指し
  曹操は「曹公」、曹丕は「魏文帝」
  発言や令を引用するときは「曹操」と名指しする
 
  本にないことですが、ぼくが表にまとめると、、
      魏の君主     呉の君主     蜀の君主    
  『魏志』 「帝」 呼び捨て 呼び捨て  
  『呉志』 「帝」 呼び捨て 呼び捨て  
  『蜀志』 「帝」     呼び捨て     「先主」「後主」  
 
  皇帝の妻の呼称
  魏では「皇后」
  呉では「夫人」
  呉は、皇帝の妻でもニセモノ
  蜀は「皇后」
  『蜀志』で、蜀の君主は「皇帝」ではないのに!
  蜀漢の君主が、漢皇帝だと暗に示す
 
  君主が亡くなったときの表現
  魏=「崩」 皇帝の死去を伝統的に表す字
  死去の日付、場所を明記
  呉=「薨」 魏の高官なみ
  死去の日付や場所を記さず
  西晋で孫皓は、名指しのまま「死」する
  蜀=「殂」 あまり使用されない
  死去の日付、場所を明記
  西晋で劉禅は、「公」となり「薨」する
 
  陳寿は、蜀漢の歴史を『漢書』としたかったが、西晋に憚った
  劉備が、後漢の正統な継承者だという主張になる
  呉はいちばん劣る
  「漢室匡輔」の建前の前で、呉の正統性は薄い
 
  陳寿『三国志』は、三国時代ダイジェスト
  陳寿は既存の歴史書を「切り貼り」した
  歴史書のダイジェスト
  西晋の権力者に「問題」があるところを、簡潔にアレンジ
  「まとめ」を作る心構えなら、簡潔なのはあたりまえ
  だって陳寿にとって、丸写ししなくても、原本が目の前にあるんだから
  でも、元史料が散逸することに、陳寿は気づいてたのか?
  「韋曜伝」は陳寿が自分で書いただろうが
  陳寿が一次史料(公文書)をまとめたら、4年では編纂できない
  孫呉が併呑されてから書き始めたのは、呉の歴史が入手できたため
 
  陳寿が拠った史書
  『魏志』 王沈『魏書』、魚カン『魏略』
  『呉志』 韋昭『呉書』
  『蜀志』 譙周『蜀本紀』?
  『蜀志』は可能性のレベルで、「特記すべきものがない」が妥当
  陳寿の故郷だから、いくらでも史料はあるでしょ
  意外に元ネタの数は、少ないんですね・・・丸写し疑惑が濃厚だ
 
  王沈『魏書』
  王沈は、『晋書』巻39に列伝
  太原郡の晋陽の人 (太原の王氏、は名族)
  祖父の王柔は、漢の匈奴中郎将
  父の王機は、魏の東郡太守
  曹爽の掾、曹爽が誅されて免職
  254〜256、荀、阮籍とともに『魏書』を編纂
  ときの権力者に憚りすぎて、陳寿には敵わない(『晋書』)
  曹髦は、王沈を「文籍先生」、裴秀を「儒林丈人」と呼ぶ
  曹髦に、司馬昭攻めを相談されて、司馬昭にリーク
  不忠としてなじられる
  地方で、賈逵以来の禁令を施行
  魏が蜀漢を平定するとき、出陣した呉を、江北で防ぐ
  魏晋革命のため、羊祜、荀勖、裴秀、賈充と謀る
  驃騎将軍、録尚書事に
  魏晋革命のとき、政権中枢にいた人物!
 
  『史通』が記す、『魏書』の経緯
  黄初(220〜226)、太和(227〜232)、衛キと繆襲に史書を命じ、未完
  韋誕、応キョ、王沈、阮籍、傅玄に命じる
  『太平御覧』に、韋誕が『魏書』を完成させたとあるが・・・
  王沈『魏書』と同じだから、散逸したのだろう
  王沈が『魏書』を完成させた
  『世説新語』に引用された『魏書』から、成立時期を推測できる
  『魏書』に、司馬師と司馬昭の列伝があったことが推測できる
  司馬懿と司馬昭に諡号(宣王、文王)がついたのは、264年5月
  『魏書』では、「宣文侯」とある
  陳寿は司馬懿を「宣帝」と呼ばず、「宣王」とする
  陳留王紀で、傅カが「宣文侯」という
  『蜀志』で、引用でないのに、陳寿が司馬懿を呼び捨てる
  「後主伝」建興8年、9年
  司馬懿の呼び方を、陳寿は統一していない
  「随文改称」に注意
  ときと場合により、名前を変えること
 
  王沈は、魏の明帝までしか本紀がない(榎一雄) ⇒×
  王沈は、曹芳以降は、晋代と考えたら、
  陳寿が、王沈を参考にできない
  王沈が、いつから晋が始まると考えていたか、史料にない
  晋書限断論
  『晋書』をいつから始めるべきか
  280−289に盛んだった
  裴松之は、王沈『魏書』、魚カン『魏略』から、三少帝紀に注釈
  王沈は、曹芳よりあとも書いた (曹芳、曹髦、曹奐)
  陳寿が、重複を嫌って、王沈を省略しただけ
 
  王沈『魏書』は、魏の正統を主張する歴史書
  魏の公式見解
  王沈は、劉備・諸葛亮の評価が高い
  ライバルである劉備が強ければ、曹操が引き立つ
  劉備は、曹操の前でのみ、弱い
 
  魚カン『魏略』について
  明帝のとき郎中になったこと以外、生没年、経歴不明
  魚カンには、『典略』という著作もある
  『典略』は、後漢までの歴史をまとめた50巻
  『魏略』は、『典略』の続編
  『史通』は、「『魏略』は明帝に止まる」とある
  本紀が明帝までだ (榎一雄)
  魚カン『魏略』、王沈『魏書』、陳寿『魏志』の参照関係は、諸説ある
  著者(満田氏)は、王沈と魚カンを見て、陳寿が書いたとする
 
  韋昭『呉書』について
  韋昭は、204〜273
  252年、孫亮が即位し、諸葛恪が輔政すると、太史令になった
  258年、孫休が即位すると、前漢の劉向にならって、図書を校定
  張布が反対
  264年、孫皓が即位すると、韋昭は、侍中、左国史
  孫皓は、父・孫和の本紀を立てたがる
  韋昭が断り、273年、投獄
  『洞記』、『春秋外伝国語』注、『漢書音義』、『孝経解讃』、『弁釈名』
 
  『呉書』は、孫権が命じて始まった仕事
  131年〜273年を記述
  全部で、55巻
  孫権が伝国璽を発見&保持するのは、「漢室匡輔」という国是と矛盾
  呉が天下を統一することを主張
  陳寿が立伝しなかった人の、列伝がある
  趙咨、沈コウ、鄭泉、馮煕、陳化、丁固、李粛
  劉虞、陶謙、董卓、袁紹、袁術もあり
  初代丞相・孫劭の列伝がない
  呉の権力に遠慮
  董昭、張昭、周昭が避諱されていない
  司馬昭に憚らない
  陳寿が、韋昭の『呉書』を見てマネたから
 
  陸機と陸雲は、独自に『呉書』を書こうとした
  『陸士龍集』
  韋昭が、名士をきちんと評価していないから
 
  鼓吹曲と歴史書
  三国の軍隊には、「鼓吹曲」がある
  士気の高揚、凱旋を称える
  鼓吹曲を作詞した人は、歴史書の編纂に関わった
  魏の繆襲: 劉劭伝の本文と、劉劭伝の裴注『文章志』
  呉の韋昭: 上記
  晋の傅玄: 『晋書』巻47
  蜀は、漢の鼓吹曲を流用しただろう
  歴史書は、正統性を主張する道具だった
  いつか書きたい『三国志』
inserted by FC2 system