表紙 > 漢文和訳 > 三国志「袁術伝」を『三国志集解』でおぎなう

01) 張讓に放火した、輝く功績

袁術のことを、よく知るために、目ぼしい『三国志集解』の註釈を抜書きします。
『集解』の全訳でないことは、ご容赦ください。学術研究者ではなく、ファンにとって興味深い事実は、漏らさずに書くつもりです。どうしても主観で取捨選択してしまいますが。

『集解』の引用元の文献は、入力が大変なので、ときどき省略します。すみません。

陳寿や裴松之は漢文のまま、『集解』はぼくの日本文です。

いつもと、文字色や構成が違うので、注意してください。。

洛陽ですごした青年時代

袁術字公路,
胡三省によれば、「術」の発音は「遂」と同じである。

現代の普通話:「術」はshu4もしくはzhu2、「遂」はsui2もしくはsui4です。どれで読めばよいのか、よく分からん。エンスイさんでいいかな。


司空逢子,紹之從弟也.以俠氣聞.
北堂書鈔の魏志では、袁術は長水校尉となったとき、豪奢を好んだ。車馬を綺麗に飾り立て、意気が高かった。人々は袁術を、「路中悍鬼の袁長水」と呼んだ。

あだなです。積極的に使っていきましょう。「悍」はつよい、「鬼」は死者なのか?
いまググッたら『悍鬼』というホラー?小説がヒットしました。


舉孝廉,除郎中,歷職內外,後為折衝校尉﹑
夏侯惇も折衝校尉になったと、陳寿にある。のちに袁術は上表し、孫策を折衝校尉にした。

上表したのだから、孫策は後漢の折衝校尉です。袁術の国の官位ではありません。
袁術は「孫策みたいな子がいたら安心だなあ」と言った。その孫策を、自分がかつて経験した官位に就けた。まさに子供のように可愛がっていた証拠だ。例えば司馬懿の官位を、子供たちは忠実になぞった。

甘寧も、折衝校尉になった。
書鈔の魏志では、このとき袁術は、長水校尉になったとする。

陳寿が正しいか、書鈔の魏志が正しいか。2つに1つだ。


虎賁中郎將.
虎賁中郎將は、『集解』の甄皇后の列伝で解説した。

仕方ないから、そっちを参照しましょう。

比二千石で、おもに虎賁に宿営した。前漢の武帝が「期門」というポストを設置し、平帝のときに、この名称になった。武帝がこっそり外出するとき、虎賁氏という頼もしい戦士を選出し、門で待たせた(まつ=期)から、はじめ「期門」と呼んだ。
定員はなく、多いときは1000人もいた。
はじめは「虎奔」と言った。だが王莽が、孟賁という古代の勇士にちなんで、いまの名称に改めた。

ただの豆知識だよ!袁術と関係ないよ。


范書の袁術伝がいう。

ぼくらが読める、正史『後漢書』でしょう。范曄が書いた。

袁術は諸公子と、鷹を飛ばし、狗を走らせた。のちに生活態度を改め、孝廉にあげられた。河南尹と虎賁中郎将にまで昇った。
霊帝紀がいう。張讓が何進を殺したとき、袁術は東西宮を焼き、宦官を攻めた。
何進伝にいう。何進が殺され、宮門は閉じられた。袁術と呉匡が宮殿を攻めた。袁術らは南宮の九龍門を焼いて、東西宮に到った。袁術と呉匡は、張讓に脅しをかけて、表に出てこさせようとした。

呉匡という、袁術と行動をともにする人を発見!
呉匡を追えば、袁術がわかりますね。後漢の職場で立場が近い、袁術の同僚に違いない。

杭世駿と九州春秋は、どちらもいう。袁術は、虎賁中郎将となった。張讓が何進を殺したとき、宮門を攻めて、火を放った。

陳寿は書いてくれないが、袁術が張讓に挑んだのは、ほぼ間違いない。
陳寿がなぜ省略したか。袁術の勇敢な場面だからだ。もしこれを書いたら、失敗して曹操に敗れたという袁術のイメージが、一貫しなくなる。

孫堅を使いこなし、南陽を得る

董卓之將廢帝,以術為後將軍;術亦畏卓之禍,出奔南陽.

董卓から逃げちゃいました。


會長沙太守孫堅殺南陽太守張咨,術得據其郡.
張咨については、孫堅伝とその裴註を参照のこと。
通鑑考異と范曄の袁術伝がいう。劉表は上表して、袁術を南陽太守に任命した。

袁術が南陽に来られたのは、劉表のおかげ??

范曄の劉表伝にいう。袁術は、魯陽に兵をあつめ、劉表が荊州に入るのを拒んだ。劉表は、荊州に着任できなかった。

范曄が、矛盾してないとすれば。袁術は、自分を南陽太守にしてくれた劉表の恩を、あだで返したことにある。
劉表の視点で見る。劉表は、自分が荊州刺史になる準備として、新しい任地に、与党を作りたかった。「先に行って、席を温めておけ」です。袁術は、劉表の入国をお膳立てすることを期待された。だが袁術サマは、劉表の思いどおりに動かなかった。


魏志の袁術伝はいう。孫堅が張咨を殺したおかげで、袁術は南陽郡を、拠点とすることができた。
魏志の武帝紀、初平元年2月巳の条がいう。袁術は南陽にとどまったと。
おそらく袁術は、董卓から逃れて、はじめ魯陽にいた。この年の春、孫堅が南陽郡を取ったので、袁術は南陽郡を手に入れたのだろう。袁術は魯陽を、治所(首都)のように使ったのだろう。

ここで考察しているのは、『集解』の著者である盧弼です。

私(盧弼)は考える。
董卓を討つため、諸軍が酸棗に集まったとき、曹操は言った。「袁術将軍には、南陽の軍を率いてもらって…」と。武関から突入した軍が、董卓のいる首都圏を震わせたという。突入したのは、袁術が率いる、南陽の軍のことを指すのだろう。

盧弼が、ふるい歴史家の考察に、さらに考察を加えている。誰の発言なのか整理しないと、ゴチャゴチャになる。
その盧弼の発言に、さらに訳者であるぼくがコメントしているから、さらに構造が複雑だ。蛇足でごめんなさい。


つぎは、袁術が袁紹と仲たがいします。

inserted by FC2 system