表紙 > 読書録 > 川村康之『クラウゼヴィッツの戦争論』と三国志

01) 三国志に通じる普遍性?

ナツメ社の図解雑学シリーズです。
本の企画の性質上『戦争論』につき、それほど詳しいことは書いてないだろうが、だいたいの要旨もどきは分かるはず。

このシリーズの渡邉義浩『宗教から見る中国古代史』はすごく面白かったので、案外バカにできない入門書だと思います。

本では、クラウゼヴィッツが経験した西洋の戦いが例に使われているのだが(当たり前です)三国志で当てはめたら何が言えるかなあ?という実験です。

序章「戦争論」を読み解くカギ

クラウゼヴィッツは、戦争を2つに区分した。戦争手段を準備する行動と、準備された戦争手段を使用する活動だ。前者は、防衛力の建設と維持(兵器の研究開発を含む)、兵士の徴募や訓練、後方支援(兵站=ロジスティクス)などの活動。後者は、戦略や戦術。

諸葛亮が本領としたのは、戦争手段の準備だ。

クラウゼヴィッツは後者で独自の理論を展開した。

戦争理論には2つの型がある。
ジョミニ『戦争術概論』は「どうやって勝つか」を説明した。戦争には不変の勝利する法則があると考えた。政治や社会等の要因を、戦争から切り離した。アメリカの南北戦争で実践された。
クラウゼヴィッツ『戦争論』は「戦争とは何か」を説明した。戦争を、政治や社会も含めて考察した。現代でも使い回しが聞くが、その反面で難解になった。

よくある『孫子』に対する誤解が、究極の「どうやって勝つか」のマニュアルだという評価でしょう。孫子は「戦争とは何か」どころか、「国とは何か」「人間とは何か」を考えさせてくれる本です。
クラウゼヴィッツは現代に通用するとして、図解雑学の本では最新の国際情勢に当てはめている。普遍性があれば、未来だけでなく、過去にも使い回せるはず。つまりクラウゼヴィッツは、『三国志』を読むのにも役立つはず!


戦略と戦術の区別。2つは全く異なる。
戦略とは、戦争を全体的・長期的な視点から、計画・準備・実行する方法。戦術は、個々の戦闘を実行する方法で、軍隊を使用した戦闘。
「戦略の失敗を戦術で補うことが出来ない」
という格言は、戦略と戦術の違いを端的に表す。

ビジネスでも、戦略だ戦略だと連呼しながら、ただの戦術を話し合っている場合が多いとされる。
だが三国ファンは、逆のベクトルでミスを犯す可能性がある (笑) クラウゼヴィッツに照らすと「戦略」とは、献帝奉戴とか天下三分とか江南割拠とか、大方針中の大方針だけを指すのでなく、もう少し戦闘に近い話を指しても良さそうだ。

19世紀末に国家戦略の概念が誕生した。第一次世界大戦から「国家総力戦」の概念が登場した。核兵器により、戦争を抑止する概念が誕生した。現代の戦略とは、国家目標を達成するために、国家の全資源を調整することである。

わざわざ19世紀とまで言わなくても、人口や生産量から動員兵力を割り出すことは、三国時代で常識的にやられていた。魏の屯田、呉の人狩り…あれって総力戦ゆえじゃないのか?


戦争の本質は闘争である。古代の殴り合いが、武具や兵器の発達により、見た目を変えてきたが、本質は変らない。

史書には、高らかな正義が語られているけれど、本質は闘争なのでしょう。天下を平穏にしたいかとインタビューすれば、三国の忠臣はほぼ全員がイエスと言うでしょう。共通見解は形成されている。しかし、
「なぜ曹操じゃなくて劉備なのか」
と聞いたら、結局は個人的な好き嫌いに落ち着いていくはず。つまり、ただ我欲を突き通したくて闘争しているだけ、というのは三国も同じ。

あり得ない「絶対的戦争」

『戦争論』は未完である。
はじめクラウゼヴィッツはナポレオンの国民戦争を見て「絶対的戦争」を強調した。敵を完全に打倒する戦争のことだ。殲滅戦思想を持ったドイツ軍人に支持された。
だがクラウゼヴィッツは途中で「現実の戦争」について語ろうと、方向転換した。限定的な目的を達成するための戦争だ。敵を全滅させず、領土の一部を占領するだけでもいい。中途半端に武装勢力が対峙するだけでもいい。戦争は政治の一部だと覚書した。

クラウゼヴィッツが認識を改めたように「絶対的戦争」は三国志でも起こっておらず、あまり使えない考え方だ。曹操の徐州戦がこれに当たるのか。だが徐州戦での殺戮は完遂されず、兗州が叛乱して途中で止まった。このことからも、「絶対的戦争」が仮想の産物っぽいと分かる。

クラウゼヴィッツは「絶対的戦争」から「現実の戦争」に著作の説明対象を書き換えたかったが、コレラで死んだ。ゆえにクラウゼヴィッツの真意は誤解されやすい。
同時代のヘーゲルは、弁証法を発明した。ある考えと、それとは反対の考えを否定対立させ、統合された概念を導き出す方法である。クラウゼヴィッツは、絶対的戦争と現実の戦争を、弁証法によって適用した。

結果論でしょ。「絶対的戦争」を書いているときから「現実の戦争」を比較対象にあげているなら、弁証法と認めても良いが。
すでに文中に「絶対的戦争」の話があったから、それを打ち消しながら書いたら、弁証法くさくなっただけだと思う (笑)


クラウゼヴィッツが最も有名なのが、
「戦争とは、他の手段をもってする政策の継続であり、政治的目的を達成するための手段にすぎない
だ。戦争は政治の一部分でしかない。人は戦争に目を奪われがちであるが、戦争の勝利そのものを重視してはいけない。戦争の目的を忘れると、戦争の規模が際限なく拡大するから危険である。

三国志は、戦争そのものに取り付かれて、ある勢力が玉砕することがない。適当なところで、折り合いを付けるんだよね。『三国演義』がホラー小説にならず、小気味よい爽快感がある理由の1つかも?

戦争を政治の合理的な統制の下に置かねばならない。戦争を、軍事的な判断だけに任せるのは危険である。これは文民統制の原点となる考え方である。

近代的な文民とは違うが、名士による統制が、三国の戦争に節度を持たせていたんだと思う。軍人の地位が低く、張飛ですら軽蔑された。文民統制の前例として、三国志を読んでみるのも良いかも?
もっとも殲滅戦が起きても良さそうな、蜀呉が滅びた戦いだって、スマートな終結でした。
五胡や南北朝時代に下ると、クラウゼヴィッツが禁じた軍人による統制が行なわれる。何が起きたかと言えば、血で血を洗う泥沼な闘争。読んでもちっとも面白くないのです。名士による統制は、人民を幸せにし、後世のファンを楽しくします。


次から『戦争論』の本文に入るようです。

inserted by FC2 system